「越智氏」の版間の差分

 
文化年間、朝廷の任を受け長官職努めた、越智直は、風早郡を越智郡に改めた、政権を追われ朝廷籍職を離れ、越智郡頼る者も多く有り、越智河野は、氏分派後、改名、現在氏名名乗る者、由来系譜、脈洛無き者親族血脈無い現在の越智河野氏、越智河野は分派後、幹筋築山へ改名多くの者母方の姓を名乗った、八代岳中ノ子周防大向中ノ子有り。
 
===河野氏廃絶後分派 (幹筋、築山に改名) 主格一覧===
越智河野分派系図拠り河野氏築山氏名乗るその後の血脈越智河野源系相続幹筋は豪族河野家一族一類、越智河野四十九代道継の長男道有りの四番目の弟道成りは河野庄土居の中ノ子母方の氏へ戻した、幹筋兄弟の道忠、道茂、道種、道任、(道任は山城淀藩主)(道住は上島甘崎城主)(道宣は道前宣伊豫の守天徳寺殿)(道貞は稲葉組豊後臼杵藩主)(檀高、一柳祖、播磨小野藩主)(道定、来島藩豊後森藩主)南朝の忠臣豪族河野、土居、中ノ子、土居土佐守道正、一条子爵、藤原定子(ていか)末裔、紀伊系仲子、景行天皇次男末裔、暖系、得能、蒼山城淀藩主、稲葉子爵、豊後臼杵藩主、稲葉子爵、安房館山藩主、稲葉子爵、豊後森藩主、久瑠島子爵、稲葉小野藩主、一柳子爵、伊豫小松藩主、一柳子爵、と分派した他に一族縁者枝、伊藤、三島、河野、黒川男爵、諸氏有り、と分派した。
 
== 関連項目 ==
16

回編集