「チワン族」の版間の差分

編集の要約なし
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(鉄道駅))
| カタカナ=
}}
'''チワン族'''('''壮族''')(チワンぞく、[[チワン語]]: Bouxcuengh, 旧表記 Bouчcueŋь, ポウシューン)は主に[[中華人民共和国|中国]]南部や[[ベトナム]]北部に住居する原住民族である。中国では[[広西チワン族自治区]]中西部や[[雲南省]]南西部、[[広東省]]東部、[[貴州省]]南部、[[湖南省]]南部などの山間部に約1,854万人(2010年の第6回全国人口調査統計による)が住み、中国最大の少数民族となっている。言語は[[タイ・カダイ語族]]に属する[[チワン語]]を話す。チュアン族と言う日本語表現もある。
 
== 名称 ==
{{Infobox 民族
|民族 =チワン族(壮族)
|民族語名称 = Bouxcuengh
|画像 = [[ファイル:Zhuang people of Longzhou Guangxi.jpg|250px]]
|宗教 = 主に[[道教]]、[[仏教]]
}}
[[三国時代 (中国)|三国時代]]の俚人や僚(獠)人が祖先ではないかとされる。[[宋 (王朝)|宋]]代以来、主に撞、僮、{{lang|zh|獞}}などと呼ばれ、中華人民共和国成立後は僮族に統一されたが、僮には「わらべ」、「しもべ」などの差別的な意味があるため、[[1965年]]に壮族(Zhuàngzú)と改称された。日本では漢字のままで壮族(そうぞく)うこともあるが、一般的には漢字を使わず、「壮」の中国語読みのチュワンからチワン族と呼ぶ。自称に近い音でいえばシューン族となる。
 
== 歴史 ==
8,250

回編集