「鈴木重家」の版間の差分

編集の要約なし
| 特記事項 =}}
 
'''鈴木 重家'''(すずき しげいえ)は、[[平安時代]]末期から[[鎌倉時代]]初期の[[武将]]・[[豪族]]。[[穂積氏|穂積姓]][[藤白鈴木氏]]の当主で、通称は鈴木三郎。鈴木庄司・[[鈴木重倫]]の長男。妻は[[小森御前]]、子に重勝、重次、重義。通称は、鈴木三郎
 
[[源義経]]の郎党の一人として[[源平合戦]]の諸戦で活躍し、[[衣川館]]で義経と最期を共にした。
匿名利用者