メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
'''パーヴォ・ヌルミ'''('''{{lang|fi|Paavo Nurmi}}'''、[[1897年]][[6月13日]] - [[1973年]][[10月2日]])は[[フィンランド]]の中長距離走者。1952年の[[ヘルシンキオリンピック]]では最終聖火ランナーも務めている。
 
事績の概要としてヌルミは[[1920年代]]を代表する中長距離走者で、1500 mから 20 kmの世界記録をつくった。[[1920年]]から[[1928年]]の間、[[夏季オリンピック|オリンピック]]で合計9個の[[金メダル]]を獲得。この後ヌルミは他のレースで賞金を受け取った事実を指摘され、当時の五輪はアマチュアリズムに厳かっ事もあり、[[1932年]]のオリンピックではプロ選手とみなされてその結果、参加することでき出来なかった。
 
[[1920年]]のオリンピックで10,000 m、クロスカントリー個人クロスカントリ団体の3個の金メダルを獲得し5000 mでは2位だった。[[1924年]]は1500 m、 5000 m(決勝間には 26分のインターバルしかなかった) 3000)3000 m 団体、クロスカントリー個人、団体5個の金メダルを獲得しているこのクロスカントリーは、炎熱酷暑のため参加者の半分が棄権したレースとなりのためこの大会が競技実施の最後なった。
 
[[1928年]]のオリンピックが最後で10,000 mに優勝し、5000 mと3000 m障害で銀メダルを獲得した。現在ヌルミは薬物を使用していた事が自ら発言していた事で明らかになっているが、当時はドーピング規制がなく咎め立てがないまま今日に至っている。
 
彼の肖像は、ユーロ導入までのフィンランド10マルッカ紙幣に描かれていた。
572

回編集