「女性語」の版間の差分

m
WP:BOTREQ {{safesubst:ルビ}}
m (WP:BOTREQ {{safesubst:ルビ}})
== 日本語の女性語 ==
近代以前の[[日本]]では、女性の[[口語|話し言葉]]には、地域や階層により大きな違いがあった。[[江戸時代]]には、[[武家]]や上流[[町人]]の間では「丁寧な言葉遣いを用いる」「[[漢語]]よりも[[大和言葉|和語]]を用いる」などが女性の言葉遣いとして望ましいとされ、また[[女房言葉]]や[[廓詞]]のような特殊な社会で発達した女性語の一部が上流階層の女性に広まることもあった。しかし、庶民層では言葉の男女差はほとんどなかった。江戸庶民の口語資料である『[[浮世風呂]]』には、下女が遊せ詞(遊ばせ言葉)を批判する場面があるが、その時の下女の台詞は次のようなべらんめえ口調である<ref>金水(2003)、139-140頁</ref>。
: なんの、しやらツくせへ。お{{ルビ読み仮名|髪|ぐし}}だの、へつたくれのと、そんな遊せ詞は見ツとむねへ。ひらつたく髪と{{ルビ読み仮名|云|いひ}}ナ。おらアきつい{{ルビ読み仮名|嫌|きれえ}}だア。奉公だから云ふ{{ルビ読み仮名|形|なり}}になつて、おまへさまお持仏さま、{{ルビ読み仮名|左様然者|さやうしからば}}を{{ルビ読み仮名|云|いつ}}て居るけれど、貧乏世帯を持つちやア入らねへ詞だ。せめて、湯(註:銭湯のこと)へでも来た時は{{ルビ読み仮名|持前|もちめえ}}の詞をつかはねへじやア、気が{{ルビ読み仮名|竭|つき}}らアナ。
 
現代の日本で一般的に女性語として認識されている言葉の起源は、[[明治]]時代に有産階級の女学生の間で発生した「'''てよだわ言葉'''」である。「よくってよ」「いやだわ」などの言葉の流行は、当時は「異様なる言葉づかひ」([[尾崎紅葉]]<ref>[http://www.ne.jp/asahi/nihongo/okajima/huseigo/teyodawa.html 『流行言葉』]</ref>)などと文化人の非難の的になったが、結果的には中流以上の女性層で定着し、規範的な女性語として扱われるようになった。
22,048

回編集