「賈充」の版間の差分

[[曹髦]](高貴郷公)が司馬氏から実権を奪い返すために兵を挙げた際は、この事変の収拾を意図した司馬昭の指示を受け、乱の鎮圧に赴いた。このとき、賈充は部下の[[成済]]に命じて曹髦を殺害させた。[[陳泰]]が、賈充を皇帝殺害の罪で極刑にすべきと司馬昭に訴えたというが、結局は実行犯の成済が罪を被せられ処刑されただけで、賈充は何の罪にも問われなかった。[[景元]]5年([[264年]])、[[蜀漢の滅亡|蜀漢征伐]]の後に[[鍾会]]が反旗独立を謀ると、賈充は司馬昭の命令で軍を率いて[[関中]]に赴いたが、途中で鍾会の死が伝わってきたため沙汰止みとなった。
 
===西晋建国の功臣に===
司馬昭の死後、その子の[[司馬炎]]に仕え、その禅譲に協力した。司馬炎(武帝)が即位すると、[[羊コ|羊祜]]・[[荀勗]]・[[裴秀]]・[[王沈]]らと共に佐命の勲(晋朝成立の功臣)として功賞され、賈充の功績も筆頭に挙げられた。[[陳騫]]と共に特別な香を付与された事もあったという。晋の時代になると[[司空]]・[[尚書令]]等を歴任し、[[泰始律令]]の制定にも当たった。[[泰始 (晋)|泰始]]6年([[270年]])、[[雍州]]・[[涼州]]で異民族の大規模な反乱が起き[[石鑒_(西晋)|石鑒]]が鎮圧に失敗すると、[[任ガイ|任愷]]は司馬炎に対し賈充を鎮圧に赴かせるよう進言した。しかし任愷はかねてから賈充を快く思っておらず、賈充もまた任愷を非難していたので、この進言は賈充を外地に出させるための讒言であったと考えられる。賈充は[[荀勗]]と画策したため洛陽に留まることができたという。また両者の確執は、賈充派と任愷派の[[派閥]]抗争にも発展した。しかし賈充は、任愷を帝との接触が少ない[[尚書]]に転任させ、司馬炎から遠ざけることで両者の離間を謀った。これにより任愷を失脚させることに成功したという。
 
匿名利用者