「野田商誘銀行」の版間の差分

編集の要約なし
1899年茂木啓三郎が発起し、キッコーマンの創業家8家である高梨・茂木一族を中心に発足した。資本金は各醤油製造家がそれぞれの醤油仕込み高に比例して払い込んだ。発行株式5000株のうちで高梨・茂木一族は3715株(74.3%)を出資した。事実上のキッコーマン醤油銀行である。
 
キッコーマンの創業家8家である高梨・茂木一族以外では山下家から唯一役員になったが、山下家は1905年以降は取締役を出さず、1905年以降の役員は高梨・茂木一族で占める。
 
高梨・茂木一族の出資・役職
*頭取 茂木房五郎 400株
*常務取締役 茂木七郎右衛門 1300株
74

回編集