「合同法 (1800年)」の版間の差分

m
英語版に見出しをあわせるため
m (英語版に見出しをあわせるため)
'''連合法'''(れんごうほう、'''ActActs of Union 1800''')は、[[グレートブリテン王国]]において定められた、[[アイルランド王国]]とグレートブリテン王国との合併を定めた法律。これに従い、[[1801年]][[1月1日]]に[[グレートブリテンおよびアイルランド連合王国]]が成立した。
 
この法律は[[イギリスの議会|グレートブリテン議会]]および[[アイルランド議会 (1297-1800)|アイルランド議会]]の双方で可決成立した。アイルランド議会には、1782年制定の[[アイルランド憲法 (1782年)|アイルランド憲法]]により大幅な自治権が認められていた。このため1799年に連合法が提案された際には[[ヘンリー・グラタン]]など多くの議員が法案に反対している。しかしグレートブリテン議会による働きかけと1798年に発生した[[アイルランドの反乱 (1798年)|アイルランドの反乱]]により、連合法が現実味を増すようになった。最終的に、グレートブリテン政府から地位や土地を送られる形で賄賂を受けたアイルランド議会議員たちは法案を可決した。