「臨済義玄」の版間の差分

赤リンク削除
(赤リンク削除)
|師=[[黄檗希運]]
|弟子=興化存奬
|著作=『[[臨済録|臨濟慧照禅師語録]](語録)
}}
'''臨済義玄'''(りんざい ぎげん、諡号:慧照禅師、?-[[867年]])は[[中国]][[唐]]の[[禅僧]]で、[[臨済宗]]の開祖。<!--正しい表記は臨濟義玄だが、[[国語国字問題|漢字制限]]([[当用漢字]]、[[常用漢字]]、いわゆる[[教育漢字]])により現表記となる。--><!--戦後の文字改革で字体が変わった字はこのページの固有名詞だけでも黄、運、真、祖、道、徳とあり、済のみ取り上げる理由に乏しい-->
当初、経論を学ぶも満ち足りず、[[禅宗]]へ転向して[[黄檗希運]]に師事し、いわゆる'''[[黄檗希運#黄蘗三打|黄蘗三打]]'''の機縁で大悟した。
 
その後[[河北省]]の有力軍閥である成徳府[[節度使]]{{仮リンク|'''王紹懿|'''([[:zh|:王紹懿|中文]]、[[:en|:Wang Shaoyi}}(|English]]、禅録では王常侍)の帰依を受け、[[正定県|真定府]]の'''[[臨済寺 (河北省)|臨済院]]'''に住み、興化存奬を初めとする多くの弟子を育て、北地に一大教線を張り、その門流は後に[[臨済宗]]と呼ばれるようになった。
 
その宗風は[[馬祖道一]]に始まる禅風を究極まで推し進め、中国禅宗史の頂点を極めた。その家風は「'''喝'''」(怒鳴ること)を多用する峻烈な禅風であり、[[徳山宣鑑|徳山]]の「'''棒'''」とならび称され、その激しさから「'''臨済将軍'''」とも喩えられた。
 
=== 訓注・訳注 ===
*『臨濟録』([[朝比奈宗源]]訳注、[[岩波文庫]]・旧版、初版[[1935年]]、新装版 タチバナ教養文庫・たちばな出版 [[2005年]])ISBN 978-4813312185。禅宗の宗学的な解釈
*『臨濟録』([[入矢義高]]訳注、岩波文庫、[[1989年]] のち同ワイド版)ISBN 978-4003331019。近年の[[訓詁|中国語学]]的な研究の成果
*『臨済録』<禅語録  続世界の名著18』(> [[柳田聖山]]訳注、[[論社]]、バックス [[1978年]] ISBN 978-4124006285、改訂新版[[中公クラシックス]] [[2004年]] ISBN 978-4-12-160063-9<br> 『古尊宿語録』版より古い時期に成立した『四家語録』収録版の現代語訳。 
 
== 伝記 ==