「ミサンザイ古墳」の版間の差分

編集の要約なし
(宮内庁による陵墓は「治定」が使用される。)
'''ミサンザイ古墳'''(みさんざいこふん)とは、日本の古墳のいくつかに用いられている名称。
ミサンザイとは貴人の墓を意味する『みささぎ(御陵)』が転訛したものといわれる。[[宮内庁]]により多くが歴代の天皇陵に比定され[[書陵部]]により管轄されている。
 
ミサンザイとは貴人の墓を意味する『みささぎ(御陵)』が転訛したものといわれる。河内地方では'''ニサンザイ'''とも呼ばれている。[[宮内庁]]により多くが歴代の天皇陵や陵墓参考地治定・比定され[[書陵部]]により管轄されている。
* [[上石津ミサンザイ古墳]] ([[大阪府]][[堺市]][[西区 (堺市)|西区]])
 
*: 別名「百舌鳥耳原南陵」(もずのみみはらのみなみのみささぎ)」。[[百舌鳥古墳群]]に属する古墳で、5世紀前半の造営と考えられている。宮内庁により第17代[[履中天皇]]陵に治定されている。
* [[淡輪ニサンザイ古墳]](たんのわ -) (大阪府[[泉南郡]][[岬町]]淡輪)
*: 大阪府最南端で大阪湾に面した地にある。5世紀後半の造営とされ、宮内庁により「宇度墓(うどのはか)陵墓参考地」とされている。推定される埋葬者は第11代[[垂仁天皇]]皇子の[[五十瓊敷入彦命]]が候補にあがっている。
* [[岡ミサンザイ古墳]] (大阪府[[藤井寺市]])
*: 別名「惠我長野西陵(えがのながののにしのみささぎ)」。[[古市古墳群]]に属する古墳で、5世紀後半の造営と考えられている。宮内庁により第14代[[仲哀天皇]]陵に治定されている。
* [[上石津ミサンザイ古墳]] (かみいしづ -)([[大阪府]][[堺市]][[西区 (堺市)|西区]])
*: 別名「百舌鳥耳原南陵」(もずのみみはらのみなみのみささぎ)」。[[百舌鳥古墳群]]に属する古墳で、5世紀前半の造営と考えられている。宮内庁により第17代[[履中天皇]]陵に治定されている。
* [[土師ニサンザイ古墳]] (はぜ -)(大阪府[[堺市]]百舌鳥西之町)
*: [[百舌鳥古墳群]]の南東端に位置する。第18代[[反正天皇]]古墳は、同古墳群の[[田出井山古墳]]に治定されているが、こちらが全国でも8位の規模の大きさがあり、これに比定する説がある。造営は5世紀後半とされ、宮内庁は「東百舌鳥陵墓参考地」に治定している。
* [[鳥屋ミサンザイ古墳]]([[奈良県]][[橿原市]]鳥屋町)
*: 別名「身狭桃花鳥坂上陵(むさのつきさかのえのみささぎ)」。5世紀末から6世紀初頭の造営と考えられている。宮内庁により第28代[[宣化天皇]]陵に治定されている。
匿名利用者