「グラタン」の版間の差分

編集の要約なし
(脱字修整)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
== フランス料理としてのグラタン ==
[[オーギュスト・エスコフィエ]]著『料理の手引き』(Le Guide Culinaire)では、以下の4種類に分類されている。
; グラタン・コンプレ: 加熱していない食材の上にソースをかけて、グラタン・レジェ以上にじっくり時間をかけて、食材が完全に火が通るまで、しっかり焦げ目が付くまで焼く。日本のグラタンはほとんどこのタイプである。
; グラタン・レジェ: [[マカロニ]]や[[ニョッキ]]などの[[パスタ]]にソースを絡めて、溶かしバターと[[パン粉]]をふりかけてから焼く。グラタン・ラピットと違い、焦げ目が付くまで焼く。日本でもよく食される「マカロニグラタン」はこの調理法に分類される。
; グラタン・ラピット: 下処理として食材を加熱調理をしてから、ソースをかけてさっと軽い焼き目が付く程度に焼く。その際、下処理した際の煮汁をソースに溶かし込むことで、グラタン・コンプレのような仕上がりに近づける狙いが含まれている手法。
; グラッサージュ:グラタンの手法を用いて料理を仕上げる、もしくは料理の表面に軽く焦げ目をつけること
 
<!--また、フルーツグラタンなどデザートに属するグラタンもある。[[サバイヨンソース]]に[[果物]]などを加え、オーブンで焼いたもの。【置き場所がないので仮にここにコメントアウトで置いておきます。】-->