「パルスシーケンス」の版間の差分

編集の要約なし
(en:Pulse sequence( 01:36, 16 October 2014‎ )を翻訳)
 
[[フーリエ変換NMR]]や[[核磁気共鳴画像法]]において、'''パルスシーケンス'''とはサンプルに照射した一連の[[高周波]]パルス磁場を表したものである。
 
[[フーリエ変換]]後は、シグナルは[[周波数領域]]の[[NMRスペクトル]]として表すことができる。核磁気共鳴画像法では、磁場の切り替えによる、{{仮リンク|勾配パルス|en|Physics_of_magnetic_resonance_imaging#Gradients}}が使われ、これは空間依存勾配を示すのでフーリエ変換後の再構築に使われ、空間分解能がよい画像が得られる。<ref name=Bernstein2005>{{cite book
| author = Bernstein, M.A.
| coauthors = King, K.E.; Zhou, X.J.; Fong, W.
104

回編集