メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
**1月 - [[神戸商業講習所]]を設立(現、[[兵庫県立神戸商業高等学校]])。
**[[6月13日]] - 六郡組合立姫路中学校が設立認可され、同年[[8月8日]]に開校。1887年(明治20年)[[4月1日]]、兵庫県尋常中学校と改称(現、[[兵庫県立姫路西高等学校]])。
**8月 - 千葉県師範学校構内(現NHK千葉支局敷地)に千葉中学校を設立(現、[[千葉県立千葉中学校・高等学校|千葉県立千葉高等学校]])。
**[[9月2日]] - 静岡師範学校内に中等課を設立。[[1887年]](明治20年)、静岡県尋常中学校と改称(現、[[静岡県立静岡高等学校]])。
**[[8月12日]] - 茨城師範学校の予備学校が設置布達される(現、[[茨城県立水戸第一高等学校]])。
*[[1879年]](明治12年)
**[[2月13日]] - 栃木県師範学校から付属予備学校を分離して、栃木中学校を設立(現、[[栃木県立宇都宮高等学校]])。
**[[3月1日]] - 和歌山中学校を開校(現、[[和歌山県立桐蔭中学校・高等学校|和歌山県立桐蔭高等学校]])。
**'''9月 [[教育令]](明治12年太政官布告第40号)を公布。'''
**12月 - 政治家・[[佐々友房]]らが熊本市高田原相撲町に同心学舎を設立する。1899年(明治32年)1月、熊本県中学済々黌と改称(現、[[熊本県立済々黌高等学校]])。
*'''[[1885年]](明治18年)'''
**富山県中学校を開校(現、[[富山県立富山高等学校]])。
**[[6月5日]] - 大分中学校を開校。1948年(昭和23年)4月1日、第一高等女学校、第二高等女学校、碩南中学校と統廃合し、新たに大分県立大分第一高等学校を設立(現、[[大分県立大分上野丘高等学校]])。
**'''8月 教育令改正(明治18年太政官布告第23号)を公布。'''
**11月 - 長崎区が公立商業学校を設立(現、[[長崎市立長崎商業高等学校]])。
*[[1886年]](明治19年)
**5月 - 神奈川県庁の許可を得て、三郡共立学校を開校(現、[[神奈川県立平塚農業高等学校]]、[[神奈川県立秦野高等学校]])。
**5月1日 - 京都府商業学校を設立(現、[[京都市立西京高等学校・附属中学校|京都市立西京高等学校]])。
*'''1886年(明治19年)'''
**5月 - 滋賀県商業学校を設立(現、[[滋賀県立八幡商業高等学校]])。
*'''1891年(明治24年)'''
**私立愛媛県高等女学校を設立(現、[[愛媛県立松山南高等学校]])。
**11月 - 東京府麹町区元園町二丁目に[[海軍予備校]]を設立(現、[[海城中学校・高等学校]])。
**'''12月 中学校令中改正(明治24年勅令第243号)を公布。'''
*[[1892年]](明治25年)5月1日 - 女子裁縫専門学校を設立(現、[[豊島岡女子学園中学校・高等学校]])。
*[[1893年]](明治26年)
**4月1日 - 那賀郡町村組合石見学校を県へ移管し、島根県第二尋常中学枚と改称(現、[[島根県立浜田高等学校]])。
***飽託郡立工業徒弟学校設立。1911年(明治44年)に熊本市立工業徒弟学校に改称、1912年(明治45年)に熊本市立商工学校に改称、1922年(大正11年)に熊本市立工業学校(現、熊本県立熊本工業高等学校)に改称。
**5月 - 島根県高等女学校を設立。1949年(昭和24年)、島根県立浜田第一高等学校、同第二高等学校と統合(現、[[島根県立浜田高等学校]])。
**6月 - 女学校を設立。1907年(明治40年)、大分県立大分高等女学校と改称。1948年(昭和23年)4月1日、大分中学校、第二高等女学校、碩南中学校と統廃合し、新たに大分県立大分第一高等学校を設立(現、[[大分県立大分上野丘高等学校]])。
**7月 - 吉田村立堰南学校を設立(現、[[静岡県立榛原高等学校]])。
**[[9月5日]] - 大阪府第八中学校の設立が許可される(現、[[大阪府立富田林高等学校]])。
**4月
***旧・小田原藩の藩校・集成館を前身として、神奈川県神奈川第二中学校を開校。1948年(昭和23年)、神奈川県立小田原高等学校と改称。2004年(平成16年)、[[神奈川県立小田原城内高等学校]]と統合(現、[[神奈川県立小田原高等学校]])。
***栃木県第四中学校を開校(現、[[栃木県立佐野高等学校・附属中学校|栃木県立佐野高等学校]])。
***気仙沼町立水産補習学校を開校(現、[[宮城県気仙沼向洋高等学校]])。
**4月1日 - 東京府第一中学校分校を東京府第三中学校と改称し、1902年(明治35年)[[6月28日]]に開校式を挙行(現、[[東京都立両国高等学校・附属中学校|東京都立両国高等学校]])。
**5月 - 東京府第二中学校を開校(現、[[東京都立立川高等学校]])。
**5月15日-郡立乙種山林学校を開校。同年7月19日、甲種山林学校と改称(現、[[長野県木曽青峰高等学校]])。
**[[5月1日]] - 北海道庁立函館高等女学校を開校(現、[[北海道函館西高等学校]])。
*[[1906年]](明治39年)
**東京府東京市に芝中学校を設立(現、[[芝中学校・高等学校]])。
**長野県下高井郡立乙種農学校を設立(現、[[長野県下高井農林高等学校]])。
**大阪府立島之内高等女学校を設立。1909年(明治42年)、大阪府立夕陽丘高等女学校と改称(現、[[大阪府立夕陽丘高等学校]])。
*[[1910年]](明治43年)
**鳥取県立商業学校を設立(現、[[鳥取県立鳥取商業高等学校]])。
**[[1月19日]] - 九州学院が設立認可される。1911年(明治44年)、開校(現、[[九州学院中学校・高等学校]])。
**[[3月14日]] - 長岡市立商業学校が設立認可(文部省告示第80号)される(現、[[新潟県立長岡商業高等学校]])。
**[[9月27日]] - 千葉県海上郡立農学校が設立認可される(現、[[千葉県立旭農業高等学校]])。
*[[1919年]](大正8年)
**[[2月28日]] - 射水郡立農業公民学校が設立認可される(現、[[富山県立小杉高等学校]])。
**3月27日 - 福岡県立宗像中学が設立認可される (現、[[福岡県立宗像中学校・高等学校|福岡県立宗像高等学校]])。
**5月19日 - 北海道庁立釧路高等女学校が授業開始(現、[[北海道釧路江南高等学校]])。
*'''[[1920年]](大正9年)'''
**4月14日 - 北海道庁立帯広中学校を開校(現、[[北海道帯広柏葉高等学校]])。
**5月1日 - 北海道常呂郡野付牛町女子職業学校が設立許可される(現、[[北海道北見柏陽高等学校]])。
**11月20日 - 静岡県立浜松第二中学校が設立認可される(現、[[静岡県立浜松西高等学校・中等部|静岡県立浜松西高等学校]])。
*[[1924年]](大正13年)
**[[2月6日]] - 千葉県野田町立野田高等女学校が設立認可される。後に[[千葉県立野田高等学校]]と改称。2006年(平成18年)4月、千葉県立野田北高等学校と統合(現、[[千葉県立野田中央高等学校]])。
**3月12日 - 富良野実科高等女学校が設立認可される(現、[[北海道富良野高等学校]])。
**[[3月15日]] - 鳥取県女子師範学校併設鳥取県立八頭高等女学校を設立(現、[[鳥取県立八頭高等学校]])。
**3月30日 - 福岡県宗像実業女学校(後の宗像高等女学校)が設立認可される(昭和24年8月31日に、当時男子校であった[[福岡県立宗像中学校・高等学校|福岡県立宗像高等学校]]と統合)。
**4月1日 - 三重県富州原町立実科高等女学校が設立認可され、1926年(昭和2年)に設立。1942年(昭和17年)、四日市市立富洲原実科高等女学校と改称。1948年(昭和23年)、四日市市立高等女学校、三重県立富田中学校と統合(現、[[三重県立四日市高等学校]])。
**4月7日 - 新潟県立十日町中学校が設立認可(文部省告示第230号)される(現、[[新潟県立十日町高等学校]])。
7,100

回編集