「2進接頭辞」の版間の差分

編集の要約なし
m (表記が混同しているので統一する)
情報工学の分野では頻繁に[[二進記数法|二進法]]を使うため、2の冪乗([[2の冪]])が良く使用される。そこで大きな量を表す際、SI接頭辞キロが表す乗数1000に近い1024 (= 2{{sup|10}}) やSI接頭辞メガが表す乗数1 000 000に近い1 048 576 (= 2{{sup|20}}) について、キロやメガを接頭辞として主にバイトやビットといったデータの大きさの単位と組み合わせて使用されるようになった。例えば1キロバイトや1メガバイトは、記号を使用して1KB、1MBと書き、また、会話において当事者同士で単位について暗黙または明示的な合意があると認識している場合、単位を省略して1キロ、1メガといった言い方を慣用的に使ってきた。その後、データ規模の拡大に伴い、より大きな乗数を表すギガ、テラ、ペタなども同様に使われる様になった。
 
ところが、[[情報工学]]分野、特に記憶装置関連おいては2進接頭辞に限られることはなく、底が2なのか10なのか不明確なままになる場合がある。さらには乗数が増えるほど流用元のSI接頭辞が表す乗数との誤差が大きくなるため、ギガ、テラ等の利用が進むにつれ不都合が増えてきた。(下表の通り、キロでは誤差2.4%と[[有効数字]]2桁の範囲で不都合は生じないが、テラでは誤差が約10%となり有効数字2桁の範囲でも無視できなくなる)
 
これに対して、IEC([[国際電気標準会議]])は 1998年にSI接頭辞と区別できる新たな 2進接頭辞を承認した。2{{sup|10}}、2{{sup|20}}、2{{sup|30}}などの乗数を表す接頭辞は[[IEC 60027-2]]ではそれぞれキビ、メビ、ギビなどとなり、1024バイトは1キビバイト、1 048 576バイトは1メビバイトとなる。同様の規格が[[IEEE]]でも[[IEEE 1541-2002]]として成立している。