メインメニューを開く

差分

 
== 形状 ==
[[File:Rail shape section.png|thumb|350px|レールの形状の種類、1橋型レール、2双頭レール、3牛頭レール、 4平底レール、5溝付きレール]]
レールの断面の形状として望ましい条件としては次のことが上げられる
 
*上下中間の幅は錆や腐食にも考慮する
 
レールの断面形状には、橋型レール、双頭レール、牛頭レール、平底レール、溝付きレールなどの種類がある。橋型レールは、底部から頭部にかけて同じ幅で垂直に上がっているのが特徴であり、最近では使用されていない。双頭レールは、上下の両頭部が同形であり、転頭して上下を変えれば再利用ができる。牛頭レールは、双頭レールを改良したもである。両者はイギリスなどで使用されておりいたのを、日本では鉄道創業時にイギリスから購入して使用されていた。平底レールは、底部の形状が安定しやすいように幅を広げた形状となっており、列車走行の荷重に対する曲げ強度も高く、磨耗にも強い、横圧に対しても安定性があり、レールの基本形状として国内外共に使用されている。溝付きレールは路面電車で使用されている。
 
== 分類 ==
10,733

回編集