「趙懿安」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''荘夷帝姫趙 懿安'''趙懿安ちょ ていきあん、[[1043年]] - [[1044年]])は、[[北宋]]の[[仁宗 (宋)|仁宗]]の第7皇女。
 
== 経歴 ==
[[御侍]]馮氏(後に始平郡君、[[賢妃]]となった)の次女として生まれた。
 
[[慶暦]]4年([[1044年]])5月13日に出家し、崇因保佑大師の道号をられたが、翌14日に夭折した。隋国公主の位を追贈された。
 
[[嘉祐]]4年(1059年)12月に国公主の位を再追贈された。[[治平 (宋)|治平]]元年(1064年)6月、再従兄の[[英宗 (宋)|英宗]]から燕国長公主の位を加贈された。[[元符]]3年(1100年)3月、[[徽宗]]から魯国大長公主の位を再加贈された。[[政和]]4年([[1114年]])12月、'''荘夷大長帝姫'''の位を再追贈された。
 
== 伝記資料 ==
* 『宋会要輯稿』
 
{{デフォルトソート:ちよ ていきあん}}
[[Category:宋の皇族公主|いあん]]
[[Category:中国の公主]]
[[Category:1043年生]]
[[Category:1044年没]]