「コンテナターミナル」の版間の差分

 
=== 日本 ===
日本には取扱量が年間1000万個を越えるコンテナ港は無い<ref name="contena"/>。取扱量が100万個を越える五大港([[東京港]]・[[横浜港]]・[[名古屋港]]・[[大阪港]]・[[神戸港]])は世界的に見て中規模クラスのコンテナターミナル群である。しかし単一の小規模コンテナターミナルを有する地方港も含めて2008年現在総計62港のコンテナ港がある。大量集約・[[インターモーダル輸送|一貫輸送]]を特徴とし、主要航路に投入されるコンテナ船の大型化が進展しつつある国際コンテナ輸送において、日本のコンテナ港湾の数は世界的に見て過剰といえ、五大港の国際競争力を一定程度減殺しているのが現状である。
 
== 所有・運営 ==
匿名利用者