「北部伊豆諸島方言」の版間の差分

m
m
いくつかの地域では特筆すべき以下の音声特徴が認められる<ref>飯豊毅一ほか (1982-1986)『講座方言学』(全10冊),東京:国書刊行会</ref><ref>遠藤嘉基ほか (1961)『方言学講座』(全4冊),東京:東京堂</ref><ref>柴田武 (1988)『方言論』東京:平凡社</ref><ref>平山輝男 (1968)『日本の方言』, 東京:講談社</ref>。これらの多くは[[琉球方言]]や[[九州方言]]、[[高知弁|高知方言]]に共通するものであり、興味深い。
 
#イ⇒⇒イ、オ⇒ウ の狭母音化…広く観察される。例)三宅島坪田:金[kan'''i''']、踊る['''u'''doru] 利島:床[t'''u'''ku] 。三宅島坪田方言は本土方言の中で唯一/e/がなく全て/i/に合流している
#/tu/の存在…利島:床['''tu'''ku]、ことば[ko'''tu'''ba]。新島本村方言では/ti/,/di/も認められる。
#エイを[ei]と発音する…伊豆諸島の利島で観察される。先生は「センセー」でなく「センセイ」。
874

回編集