「大王貴妃 (宋)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
'''貴妃王氏'''(きひ おうし、生没年不明)は、[[北宋]][[徽宗]]の[[貴妃]]。なお、徽宗には他にも[[王貴妃 (曖昧さ回避)|王姓の貴妃]]がおり、[[懿粛貴妃]]、[[小王貴妃 (宋)|小王貴妃]]と呼んで区別される。
 
== 生涯 ==
初め[[欽聖皇后]](徽宗の嫡母)の侍女を務め、後に端王趙佶(のちの徽宗)の側室となった。端王が皇帝に即位後、初め寿昌郡君となり、美人、嬪、妃に進み、貴妃にいたった。徽宗の寵愛を受けて、多人の子供を産んだ。
 
[[靖康の変]]時まで、彼女相関前後の動静については有りませんない。早くに薨去したか、あるいは変の際流落して行方知れずとなったかも不明である
 
== 子女 ==
* 『宋会要輯稿』
 
{{デフォルトソート:おうきひ たい}}
 
[[Category:宋の妃嬪]]
[[Category:生年不明]]
[[Category:没年不明]]