「SHIROBAKO」の版間の差分

 
=== 13 - 24話 ===
年は明け、迎えた新年。年の瀬に渡辺、メーカープロデューサーの'''葛城'''が映像化権の獲得に動いていた、『第三飛行少女隊』(略称:三女)を武蔵野アニメーションが手がけることが決まっていた。落合、矢野の離脱を受け宮森あおいは異例の抜擢で『三女』のデスクに抜擢される。秋の放映に向け初期段階より切迫したスケジュールの中、宮森あおい引き続き監督を担当する木下と共に二人三脚で制作に取り組むことになる。
 
==登場人物==
匿名利用者