「論蔵 (パーリ)」の版間の差分

m
分野名つき記事名の記事にはOtherusesは不要 (WP:D)
m (分野名つき記事名の記事にはOtherusesは不要 (WP:D))
{{otheruses|『[[パーリ仏典]]』における「論蔵」|「論蔵」全般|論蔵}}
{{Pathnav|パーリ仏典|frame=1}}
'''論蔵'''({{lang-pi-short|Abhidhamma Pitaka}}, '''アビダンマ・ピタカ''')とは、『[[パーリ仏典]]』の「[[三蔵]]」({{lang-pi-short|Ti-pitaka}}, ティピタカ)における最後の「蔵」(pitaka)であり、「[[論 (仏教)|論]]」({{lang-pi-short|Abhidhamma}}, アビダンマ)に関する文献が収められた領域のこと。