「長野県方言」の版間の差分

編集の要約なし
|}
 
== 文法 =比較表===
* 平叙文における[[コピュラ]]と[[形容動詞]]の語尾は[[東日本方言]]の特徴である「だ」である<ref>[[牛山初男]](1952年)『国語学』「語法より見たる東西方言の境界線について」</ref>。
* [[動詞]]の否定は、南信方言で「[[未然形]]+ん」を用い、他地域で「未然形+ない(ねえ)」を用いる<ref name="kenshi"/><ref name="kouzachuubu86">『講座方言学6中部地方の方言』86頁。</ref><ref name="bunpougaisetu">[[都竹通年雄]]「文法概説」(飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年)</ref>。中信方言における「[[連用形]]+ます」の否定は「連用形+ましねえ」<ref name=D/>。
* 動詞の過去否定の「未然形+なんだ」、条件の「未然形+んでは(んじゃあ、にゃあ)」は、中信方言・南信方言の全域およびこれに接する北信方言・東信方言の各一部に分布している<ref name="kenshi"/><ref name="kouzachuubu86"/><ref name="bunpougaisetu"/>。南信方言における「連用形+ます」の過去否定は「連用形+ませなんだ」<ref>足立惣蔵(1978年)『信州方言辞典』</ref>。
* 動詞の進行形では南信方言で「連用形+とる(ておる)」を用い、他地域で「連用形+てる(ている)」を用いる。「とる」は[[西日本方言]]の特徴であり[[相 (言語学)|アスペクト表現]]として「継続態」と「結果態」を語形で区別するものが多い。木曽谷の平野部([[中山道]]沿い)では継続態が「~よる(おる)」・継続態過去形が「~よった(おった)」、結果態が「~とる」・結果態過去形が「~とった」となり、山間部では継続態が「~いた」・継続態過去形が「~いたった」、結果態が「~ていた」・結果態過去形が「~ていたった」となる。伊那谷中南部では継続態・結果態ともに「~とる」・過去形が「~とった」となる<ref name="kenshi"/><ref name=B>国立国語研究所『日本のふるさとことば集成8 長野・山梨・静岡』</ref>。
* 一段活用動詞やサ行変格活用動詞の命令形のコピュラは伊那谷南部で「命令形+よ」となり、それ以外は「命令形+ろ」となる。また、動詞一般に接続して命令を強調する助詞は共通語の「よ」に対して、専ら「や」が用いられる。
* サ行五段活用動詞が終助詞「た」や接続助詞「て」などに続く場合は、南信方言及び中信方言の伊那谷北部・諏訪地方で[[音便#イ音便|イ音便]]を用い(後者では連母音が融合する)、「連用形+した」「連用形+して」が、それぞれ「連用形+いた」「連用形+いて」になる。
* 木曽地方の山間部ではナ行・バ行・マ行の五段活用動詞の連用形が[[促音便]]化する<ref name=B/>。
*推量は広い地域で「…ずら」が用いられる。ただし長野県北信では「…であらむず」が変化した「…だらず」を用いる。南信方言では「…だら」、北信・東信方言では「…だろう」、佐久地域では「…べー」も用いる。
*意志は「…むず」が変化した形を用いる。例えば「行こうと思う」という場合、「いかずと…」や「いかっと…」となる。
*勧誘は中信・北信・東信方言で「…むず(わ/か)」が変化した形を用い、「行こうか」は「いかざあ」、「いかずか」などとなる。南信方言では「…まいか」(「いかまいか」)を用いる。「いかねぇか」「いかんか」ともいう。
* 用言に接続して理由・原因を表す「~に」が北信方言の南部からほぼ全県にかけて広がり、「~で」が中信方言・南信方言の全域およびこれに接する北信方言に一部に分布している<ref>『講座方言学 6 中部地方の方言』22頁</ref>。また北信方言と東信方言に「~から」、北信方言には「~んで」が分布する。
* 動詞の未然形に可能の助詞「られる」がつく場合、能力的可能表現であれば「ら」が脱落するが、条件的可能表現であればそのままとなるといった使い分けがある地域が多い。 参照:[[日本語の乱れ#ら抜き言葉|ら抜き言葉]]
* 動詞の前に促音・撥音を含む接頭語が挿入される傾向がある。
 
==比較表==
{|class="wikitable" style="text-align:center;"
|-
|~べえ
|}
 
== 文法 ==
* 平叙文における[[コピュラ]]と[[形容動詞]]の語尾は[[東日本方言]]の特徴である「だ」である<ref>[[牛山初男]](1952年)『国語学』「語法より見たる東西方言の境界線について」</ref>。
* [[動詞]]の否定は、南信方言で「[[未然形]]+ん」を用い、他地域で「未然形+ない(ねえ)」を用いる<ref name="kenshi"/><ref name="kouzachuubu86">『講座方言学6中部地方の方言』86頁。</ref><ref name="bunpougaisetu">[[都竹通年雄]]「文法概説」(飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 1 方言概説』国書刊行会、1986年)</ref>。中信方言における「[[連用形]]+ます」の否定は「連用形+ましねえ」<ref name=D/>。
* 動詞の過去否定の「未然形+なんだ」、条件の「未然形+んでは(んじゃあ、にゃあ)」は、中信方言・南信方言の全域およびこれに接する北信方言・東信方言の各一部に分布している<ref name="kenshi"/><ref name="kouzachuubu86"/><ref name="bunpougaisetu"/>。南信方言における「連用形+ます」の過去否定は「連用形+ませなんだ」<ref>足立惣蔵(1978年)『信州方言辞典』</ref>。
* 動詞の進行形では南信方言で「連用形+とる(ておる)」を用い、他地域で「連用形+てる(ている)」を用いる。「とる」は[[西日本方言]]の特徴であり[[相 (言語学)|アスペクト表現]]として「継続態」と「結果態」を語形で区別するものが多い。木曽谷の平野部([[中山道]]沿い)では継続態が「~よる(おる)」・継続態過去形が「~よった(おった)」、結果態が「~とる」・結果態過去形が「~とった」となり、山間部では継続態が「~いた」・継続態過去形が「~いたった」、結果態が「~ていた」・結果態過去形が「~ていたった」となる。伊那谷中南部では継続態・結果態ともに「~とる」・過去形が「~とった」となる<ref name="kenshi"/><ref name=B>国立国語研究所『日本のふるさとことば集成8 長野・山梨・静岡』</ref>。
* 一段活用動詞やサ行変格活用動詞の命令形のコピュラは伊那谷南部で「命令形+よ」となり、それ以外は「命令形+ろ」となる。また、動詞一般に接続して命令を強調する助詞は共通語の「よ」に対して、専ら「や」が用いられる。
* サ行五段活用動詞が終助詞「た」や接続助詞「て」などに続く場合は、南信方言及び中信方言の伊那谷北部・諏訪地方で[[音便#イ音便|イ音便]]を用い(後者では連母音が融合する)、「連用形+した」「連用形+して」が、それぞれ「連用形+いた」「連用形+いて」になる。
* 木曽地方の山間部ではナ行・バ行・マ行の五段活用動詞の連用形が[[促音便]]化する<ref name=B/>。
*推量は広い地域で「…ずら」が用いられる。ただし長野県北信では「…であらむず」が変化した「…だらず」を用いる。南信方言では「…だら」、北信・東信方言では「…だろう」、佐久地域では「…べー」も用いる。
*意志は「…むず」が変化した形を用いる。例えば「行こうと思う」という場合、「いかずと…」や「いかっと…」となる。
*勧誘は中信・北信・東信方言で「…むず(わ/か)」が変化した形を用い、「行こうか」は「いかざあ」、「いかずか」などとなる。南信方言では「…まいか」(「いかまいか」)を用いる。「いかねぇか」「いかんか」ともいう。
* 用言に接続して理由・原因を表は用言に接続「~に」が北信方言の南部からほぼ全県にかけて広がり、「~で、~もんで」が中信方言・南信方言の全域およびこれに接する北信方言に一部に分布している<ref>『講座方言学 6 中部地方の方言』22頁</ref>。また北信方言と東信方言に「~から」、北信方言には「~んで」が分布する。新潟県との隣接部には「~さげ、~すけ」もわずかにみられる<ref>[全国方言文法地図 http://www2.ninjal.ac.jp/hogen/dp/gaj-pdf/gaj-pdf_index.html]</ref>
* 動詞の未然形に可能の助詞「られる」がつく場合、能力的可能表現であれば「ら」が脱落するが、条件的可能表現であればそのままとなるといった使い分けがある地域が多い。 参照:[[日本語の乱れ#ら抜き言葉|ら抜き言葉]]
* 動詞の前に促音・撥音を含む接頭語が挿入される傾向がある。
 
== 語彙 ==
874

回編集