「唐十郎」の版間の差分

編集の要約なし
'''唐 十郎'''(から じゅうろう、本名:大靏 義英(おおつる よしひで)、[[1940年]][[2月11日]] - )は、[[劇作家]]・[[作家]]・[[演出家]]・[[俳優]]。[[東京]]出身。
 
父は[[理研映画]]で監督・プロデューサーを務めた[[大鶴日出栄]]。前妻は女優の[[李麗仙]](1967年結婚、1988年離婚)、長男は俳優・小説家・映画監督の[[大鶴義丹]]。1989年の再婚後にもうけた長女は女優の[[大鶴美仁音]](みにょん)、次男は[[大鶴佐助]]。<br />
また、中央公論社『[[海(雑誌)|海]]』の編集者だった[[村松友視]]の薦めで、小説を書くようになり、1983年、「[[佐川一政|佐川]]君からの手紙」で[[芥川龍之介賞|芥川賞]]を受賞する。
 
[[1988年]]、状況劇場を解散して劇団「唐組」を旗揚げ。作・演出・出演を務める。[[1997年]]10月には[[横浜国立大学]][[教育人間科学部]]マルチメディア文化課程教授に就任し、「舞台芸術論」などの講義と学生・[[中野敦之]]らの「劇団[[唐ゼミ]]☆」を指導(第2回公演まで作・演出を、それ以降~現在は作・監修を務める)。[[2005年]]、同大学を定年退職。同年、[[近畿大学]][[文芸学部]]客員教授就任。[[2010年]]1月、同大にて最終講義を行った。2012年4月より、母校である明治大学文学部の客員教授に就任。2012年5月、脳挫傷の大ケガを負い、リハビリと脳外科の専門医によるトレーニングをへて2015年『ダイバダッタ』を上梓した
 
== 唐十郎をめぐる逸話 ==
{{出典の明記|section=1|date=2008年1月|ソートキー=人}}
* 21歳で[[土方巽]]の門下となるまでは、謹厳な父親の指導で、「朝6時半に起き、夜は7時半に寝る」という真面目一方の人間であった<ref>[[嵐山光三郎]]「暴力対談」一季出版 </ref>。なお、当時の土方の門下には、石井金八、[[麿赤児]]、中嶋夏、李麗仙らがいた<ref>唐十郎「風に毒舌」毎日新聞社</ref>。
 
=== 著書 ===
*腰巻お仙 附・特権的肉体論 現代思潮社 1968
*ジョン・シルバー 天声出版, 1969
*謎の引越少女 学芸書林, 1970
*少女仮面 唐十郎作品集 学芸書林, 1970 のち角川文庫
*河原者の唄 思潮社, 1970
*煉夢術 中央公論社, 1971 のち角川文庫
*吸血姫 中央公論社, 1971 のち角川文庫
*日本列島南下運動の黙示録 現代思潮社, 1972
*少女と右翼 満州浪人伝 徳間書店, 1972 のち角川文庫
*ベンガルの虎 新潮社, 1973. -- (書下ろし新潮劇場) 1973
*二都物語・仮面 新潮社, 1973
*わが青春浮浪伝 講談社, 1973
*ズボン 大和書房, 1973
*紅疾風 学芸書林, 1974
*唐版・風の又三郎 角川書店, 1974
*夜叉綺想 新潮社, 1974. -- (書下ろし新潮劇場) 1974
*盲導犬 角川文庫 1974
*幻のセールスマン 角川書店, 1974
*魔都の群袋 潮出版社 1974 のち文庫
*腰巻おぼろ 妖鯨篇 角川書店, 1975
*唐版滝の白糸 角川文庫 1975
*風にテント胸には拳銃 角川書店, 1976
*おちょこの傘持つメリー・ポピンズ 角川書店, 1976
*蛇姫様 中央公論社, 1977.5
*唐版・俳優修業 角川書店, 1977.11
*『海星・河童-少年小説』大和書房, 1978.6 [[泉鏡花文学賞]]
*乞食稼業 対談集 冬樹社, 1979.4
*'''唐十郎全作品集''' 全6巻 冬樹社 1979-80
*調教師 中央公論社, 1979.11
*風に毒舌 第一エッセイ集 毎日新聞社, 1979.12 のち旺文社文庫
*唐版犬狼都市(澁澤龍彦原作)北宋社, 1979.5
*女シラノ 白水社, 1980.5
*豹の眼 第二エッセイ集 毎日新聞社, 1980.10
*沼・ふたりの女 漂流堂, 1980.12
*下谷万年町物語 PARCO』(小説)PARCO出版, 1981.2 のち中公文庫
*黄金バット・お化け煙突物語 河出書房新社, 1981.10
*新・二都物語,鉛の心臓 新評社, 1982.5
* 『佐川君からの手紙-舞踏会の手帖』河出書房新社、1983 のち文庫 芥川賞
*唐十郎血風録 文藝春秋, 1983.11
*御注意あそばせ 河出書房新社, 1983.12
*サンドイッチマン 大和書房, 1983.4
*安寿子の靴 文藝春秋, 1984.10
*マウント・サタン 河出書房新社, 1984.8
*紙女房 楼閣興信所通信 文藝春秋, 1986.7
*毀れた模写 文芸時評 福武書店, 1986.3
*ねじの回転 サンケイ出版, 1986.5
*フランケンシュタインの娘 福武書店, 1987.8
*汗のドレス 島田雅彦対談 河出書房新社 1986.6
*シェイクスピア幻想 道化たちの夢物語 PARCO出版局, 1988.5
*フランケンシュタインの娘 福武書店, 1987.8
*さすらいのジェニー 福武書店, 1988.4
*シェイクスピア幻想 道化たちの夢物語 PARCO出版局, 1988.5
*電気頭 文藝春秋, 1990.5
*さすらいのジェニー 福武書店, 1988.4
*『蠱惑への傾斜』河出書房新社 1991
*電気頭 文藝春秋, 1990.5
*蠱惑への傾斜 河出書房新『透明人間』白水, 1991.1
*透明人間 『電子城 2』白水社, 1991.4
*オルゴールの墓 劇団第七病棟 リブロポート, 1992.10
*電子城. 2 白水社, 1991.4
*桃太郎の母 徳間書店, 1993.8
*オルゴールの墓 劇団第七病棟 リブロポート, 1992.10
*青春牡丹灯籠 集英社, 1993.6
*桃太郎の母 徳間書店, 1993.8
*『海ほおずき』文藝春秋、1995
*青春牡丹灯籠 集英社, 1993.6
*『海ほおずき水の廊下文藝春秋、エー・ジー 1995 ISBN 4-16-315790-5
*『雨月廊下 使者』エー・ジー,出版 1995.121996
*『少女仮面・唐版風の又三郎』白水社 1997
*雨月の使者 エー・ジー出版, 1996.5
*少女仮面・唐版風の又三郎 『特権的肉体論』白水社, 1997.5
*特権的肉体論 白水『幻想劇場』朝日新聞, 1997.5
*きみと代わる日 唐版とりかえばや物語 主婦と生活社, 1998.2
*幻想劇場 朝日新聞社, 1997.6
*秘密の花園 沖積舎, 1998.11
*きみと代わる日 唐版とりかえばや物語 主婦と生活社, 1998.2
*泥人魚 『蛇行』新潮社, 2004.42000
*秘密の花園 沖積舎, 1998.11
*蛇行 『泥人魚』新潮社, 2000.92004
*ガラスの使徒 アートン, 2005.1
*泥人魚 新潮社, 2004.4
*『劇的痙攣』岩波書店、2006 ISBN 4-00-022754-8
*ガラスの使徒 アートン, 2005.1
*風のほこり 新宿梁山泊 右文書院 2006.4
*教室を路地に! 横浜国大vs紅テント2739日 [[室井尚]]共著 岩波書店 2005.9
*唐十郎コレクション』全3巻 1-2 [[堀切直人]]編 右文書院 2007-08
*『劇的痙攣』岩波書店、2006 ISBN 4-00-022754-8
*夕坂童子 岩波書店, 2008.4
*風のほこり 新宿梁山泊 右文書院 2006.4
*朝顔男 中央公論新社、2009
*唐十郎コレクション 1-2 右文書院 2007-08
*『唐十郎 わが青春浮浪伝 人間の記録』日本図書センター 2012
*夕坂童子 岩波書店, 2008.4
*『唐組熱狂集成 迷宮彷徨篇』ジョルダンブックス 2012
*朝顔男 中央公論新社、2009
*『唐組熱狂集成 流体の囁き篇』ジョルダンブックス 2012
*『ダイバダッタ』幻戯書房、2015
 
===共著===
*汗のドレス 島田雅彦対談 河出書房新社 1986.6
*教室を路地に! 横浜国大vs紅テント2739日 [[室井尚]]共著 岩波書店 2005.9
 
=== 映画 ===
匿名利用者