「ベルリンの戦い」の版間の差分

BrightRaven によってCommonsから削除された Russian_artillery_fire_in_Berlin.jpg を除去。理由: Per c:Commons:Deletion requests/File:Russian artillery fire in Berlin.jpg.
(BrightRaven によってCommonsから削除された Russian_artillery_fire_in_Berlin.jpg を除去。理由: Per c:Commons:Deletion requests/File:Russian artillery fire in Berlin.jpg.)
 
== 戦いの背景 ==
 
[[File:Russian artillery fire in Berlin.jpg|thumb|left|[[カチューシャ (兵器)|カチューシャ・ロケット]]でベルリンを砲撃するソ連軍]]
1944年[[6月22日]]、ソビエト赤軍によって開始された[[バグラチオン作戦]]の結果、ドイツ軍はソ連領からほぼ駆逐された。1945年[[1月20日]]、赤軍は[[東プロイセン]]に侵入、遂にドイツ領内へ進撃した。参謀総長[[ハインツ・グデーリアン]]はラジオ放送を通じて「赤軍本土侵攻」を報じ国民の注意を喚起、ヒトラーにベルリン防衛の強化を進言するが、ヒトラーは[[1月23日]]の会議で[[オーストリア]]とドイツの石油の80%を供給する[[ハンガリー]]の防衛を優先、ベルリン防衛予定部隊から[[第6SS装甲軍]]を抽出してハンガリーに派遣することを決定した([[春の目覚め作戦]])。しかし、この部隊は派遣先のハンガリーで壊滅した。