「李周一」の版間の差分

編集の要約なし
 
1948年12月、[[韓国陸軍士官学校|陸軍士官学校]]卒業(特別第7期)、任[[大尉]](軍番11638番)。
 
1949年、[[朴正熙]]の伝手で[[南朝鮮労働党]]党員になり、[[麗水・順天事件]]に関わった容疑で逮捕される<ref>정운현 (2004년 8월 9일). “좌익혐의로 무기징역... 재심서 '구사일생' - [실록 '군인 박정희'-친일과 좌익의 기록 1] 1949년 군사재판”. 오마이뉴스. 2008년 2월 27일에 확인함. </ref>。
 
1950年7月、[[第2軍団 (韓国陸軍)|第2軍団]]作戦部長。
1956年、国防大学院卒業。
 
1959年、[[第2軍 (韓国陸軍)|第2軍]]参謀長。副司令官が[[朴正熙]]少将であり1961年5月の[[5・16軍事クーデター]]の首謀者の1人になる。
 
クーデター後は軍事革命委員会委員、[[国家再建最高会議]]最高委員、国家再建最高会議人事小委員、不正貯蓄処理委員会委員長を務める。
 
1964年、[[大韓民国監査院|監査院]]院長。
 
== 脚注 ==
<references />
 
== 参考文献 ==
444

回編集