「裏日本方言」の版間の差分

 
==歴史==
裏日本方言要素が出雲地域に飛び地状に分布する理由についての定説はない。しかし古代において裏日本方言は東北から日本海沿岸を伝い山陰まで分布していた可能性がある。大和勢力の拡大に伴い、東山陰地方は裏日本方言(ズーズー弁)的要素が弱まり、出雲が取り残された形になったのではないかと指摘する学者もいる<ref>小泉保(1998)『縄文語の発見』青土社</ref><ref>上村幸雄(1975)『方言と標準語』筑摩書房</ref>。[[茨木のり子]]や[[司馬遼太郎]]は、日本の日本海沿岸地方の方言と、[[朝鮮語]]、[[満洲語]]の類似性、関連性を指摘している
 
==脚注==
874

回編集