「ドールハウス」の版間の差分

 
==概要==
19世紀ヨーロッパの[[中流階級|中流クラス]]の市民層で、女の子に与えられた[[玩具]]の代表的なものであり、男の子には[[スズの兵隊]]などがこれに代わるものとして与えられた。往々にして、これらは子ども部屋としてあてがわれた[[屋根裏部屋]]で、大人の生活を妨げないで楽しまれるためのものだった。
 
往々にして、これらは子ども部屋としてあてがわれた[[屋根裏部屋]]で、大人の生活を妨げないで、子供だけで楽しむためのものだった。
ヨーロッパ伝統のクラフトとして世界中に愛好家を持ち、日本には[[1970年]]代後半に入って紹介された。日本ではドールハウスに[[人形]]を飾ることはあまり好まれない傾向にある。
 
ヨーロッパ伝統のクラフトとして世界中に愛好家を持ち、日本には[[1970年]]代後半に入って紹介された。日本ではドールハウスに[[人形]]を飾ることはあまり好まれない傾向にあるという
 
[[イギリス]]の[[メアリー・オブ・テック|メアリー女王]]に[[1924年]][[5月]]に贈られた{{日本語版にない記事リンク|メアリー女王のドールハウス|en|Queen Mary's Dolls' House}}が 1フィートを1インチに縮小した1/12 の縮尺だったことから 1/12 サイズ(インチサイズ))が標準とされている。
159

回編集