「嶺南方言」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
==特徴==
音声はイ段・ウ段の母音は中舌母音[ï]・[ɯ̈]となり
<ref>
<ref>日本言語地図https://www.ninjal.ac.jp/publication/catalogue/laj_map/。
ヒガシ (東) のHI-の音日本言語地図[https://www.ninjal.ac.jp/s_datapublication/drepcatalogue/laj_map/LAJ_011.pdf]
カジヒガシ (火事) のHI-ZIの音[https://www.ninjal.ac.jp/s_data/drep/laj_map/LAJ_015LAJ_011.pdf]
シチガツカジ (七月火事) の-TI-ZIの音https://www.ninjal.ac.jp/s_data/drep/laj_map/LAJ_016.pdf。</ref>、語頭のイがエに統合する傾向がある<ref>[https://www.ninjal.ac.jp/s_data/drep/laj_map/LAJ_153LAJ_015.pdf]</ref>。この点で北陸方言と均質である
シチガツ (七月) の-TI-の音[https://www.ninjal.ac.jp/s_data/drep/laj_map/LAJ_016.pdf]。
</ref>、語頭のイがエに統合する傾向がある
<ref>日本言語地図[https://www.ninjal.ac.jp/publications_data/cataloguedrep/laj_map/LAJ_153.pdf]</ref>
この点で北陸方言と均質である。
 
文法や語彙は近畿方言と共通するものが多いが、近畿方言と北陸方言の混在も見られ、特に語彙などは北陸方言の影響が少なくない。嶺北方言では存在動詞に「いる」、アスペクト形式に「〜てる」を用いるのに対して、嶺南方言では「おる」、「〜とる」を用いる<ref>佐藤編2009</ref>。
874

回編集