「比表面積」の版間の差分

であらわされる。単位体積あたりの比表面積''S''{{sub|v}} は、
:<math>S_\mathrm{v} = \frac{S}{V}</math>
となる。式から明らかなとおり、[[無次元]]ではなく、''S''{{sub|m}} は[面積/質量]の、''S''{{sub|v}} は[長さ{{sup|-1}}]の[[次元#物理量の次元|次元]]を持つ。学問分野や業種によって比表面積という言葉がどちらの単位をさすのかが異なり、注意が必要である。
 
傾向として、同じ形状の物体であれば、代表長さに[[反比例]]し、サイズが小さいほど比表面積は増す。
匿名利用者