「近衛兵 (イギリス)」の版間の差分

リンク付けと修正
m ("US_Army_51770_Pipes_and_Drums_Scots_Guards_.jpg" を "US_Army_51770_Pipes_and_Drums_Scots_Guards.jpg" に差し替え(Steinsplitterによる。理由:Robot: Removing space(s) before file extension))
(リンク付けと修正)
[[画像:072SFEC LONDON-20070917.JPG|right|thumb|200px|ブルーズ・アンド・ロイヤルズ連隊兵士]]
{{main|ブルーズ・アンド・ロイヤルズ}}
1650年に[[オリバー・クロムウェル]]が創設し、1821年に王室騎兵隊 (Household Cavalry) の一員となったロイヤル・ホースガーズ[[王立近衛騎馬連隊]]([[:en:Royal Horse Guards|Royal Horse Guards]] / 通称: (Blues) )と1661年に旧王党派の兵士を集めて設立された第1ロイヤル王立竜騎兵連隊([[:en:1st The Royal Dragoons|1st The Royal Dragoons]] / 通称:ロイヤルズ (Royals) )が1969年に統合されて[[ブルーズ・アンド・ロイヤルズ]]([[:en:Blues and Royals|Blues and Royals]])となった。
 
統合後の初代副隊長は、[[アンドリュー・パーカー・ボウルズ]][[大尉]](当時)であった。
{{main|グレナディアガーズ}}
[[File:Grenadier Guards Band.jpg|right|thumb|200px|グレナディアガーズ連隊軍楽隊]]
'''近衛擲弾兵連隊'''或は'''擲弾兵近衛連隊'''と訳される場合もある。グレナディアガーズ([[:en:Grenadier Guards|Grenadier Guards]])の起源は[[清教徒革命|ピューリタン革命]]により大陸へ亡命中のチャールズ皇太子(後の[[チャールズ2世 (イングランド王)|チャールズ2世]])の護衛隊として1656年に[[ブルッヘ]]で創設された、ロード・ウェントワース近衛歩兵連隊 ([[:en:Lord Wentworth's Regiment|Lord Wentworth's Foot Guards]] / Royal Regiment of Guards) と、1660創立のジョン・ラッセル近衛歩兵連隊 ([[:en:John Russell's Regiment of Guards|John Russell's Foot Guards]]) であり、1665年に統合されて近衛歩兵第一連隊 (1st Regiment of Foot Guards) となった。[[ワーテルローの戦い]]で[[大陸軍 (フランス)|フランス大陸軍]]の最精鋭部隊とされていた[[大陸軍 (フランス)#近衛歩兵|皇帝近衛擲弾歩兵連隊]]を破ったことから、1815年に第一又は[[擲弾兵]]近衛歩兵連隊([[:en:Grenadier Guards|1st or Grenadier Regiment of Foot Guards]])と改名され、擲弾兵の象徴であったベアスキン(熊皮帽)を着用するようになった。そして、ベアスキンはコールドストリームガーズとスコッツガーズでも1831年から着用されるようになり、現在では近衛歩兵の象徴となっている。
 
1993年までは第1大隊の3個中隊のうち交代で1個中隊が[[バッキンガム宮殿]]や[[ウィンザー城]]の衛兵警備を実施し、残りの2個中隊は訓練や機甲旅団に派遣され、ウォリアー装甲車による[[機械化歩兵|装甲歩兵中隊]]または[[チャレンジャー (戦車)|チャレンジャー戦車]]による戦車中隊の任務に就いていた。
[[File:Queens Guard Windsor.JPG|thumb|right|200px|スコッツガーズ連隊兵士]]
[[File:US Army 51777 Pipes and Drums.jpg|thumb|right|200px|スコッツガーズ連隊パイプ隊。]]
スコッツガーズ([[:en:Scots Guards|Scots Guards]])の起源はコールドストリームガーズより古く、1642年3月に[[チャールズ1世 (イングランド王)|チャールズ1世]]の命令により、[[アーガイル公|アーガイル侯]][[アーチボルド・キャンベル (初代アーガイル侯)|アーチボルド・キャンベル]]([[:en:Archibald Campbell, 1st Marquess of Argyll|en]])によって創設されたロイヤル・マークィーズ・オブ・アーガイル侯爵王立連隊 (Marquis of Argyll's Royal Regiment) である。1650年、[[イングランド]]のチャールズ皇太子(後のイングランド王チャールズ2世)が[[清教徒革命|ピューリタン革命]]により[[スコットランド]]へ逃れ、[[スコットランド]]の王位に就いたため、チャールズ2世の護衛隊 (Lyfe Guard of Foot) となる。しかし、議会派との戦いに敗れたためチャールズ2世は大陸へ亡命し、1651年連隊は解散させられた。
 
[[王制復古]]後の1661年、チャールズ2世によって連隊は復興され、スコッツガーズ (Scots Guards) となった。しかし、連隊の創立者アーガイル侯は議会派に与したとして同年に処刑された。この事件においては、議会派に属していたマンク将軍(後に王党派へ転向したコールドストリームガーズ連隊の創立者)に送った手紙が重要な証拠となった。