「ジャネーの法則」の版間の差分

編集の要約なし
 
簡単に言えば[[生涯]]のある時期における[[時間]]の[[心理]]的長さは年齢の[[逆数]]に[[比例]]する(年齢に反比例する)。
若者は(時間・年・月・日)はゆっくりと進み、1日、1週間、1ヶ月、1年が長く、それに比べて、老人になると時の流れは相当早くなっているようになる。1日、1週間、1ヶ月、1年があっという間に過ぎてしまい、月日の過ぎるのがなんと早いかと、寂しく感じさせられる。
 
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
 
 
== 関連項目 ==
匿名利用者