「ジャネーの法則」の版間の差分

Tomato tomato tomato(会話)による ID:53220487 の版へ差し戻し (ポップアップ使用)
(Tomato tomato tomato(会話)による ID:53220487 の版へ差し戻し (ポップアップ使用))
'''ジャネーの法則'''(ジャネーのほうそく)は、[[19世紀]]の[[フランス]]の[[哲学者]]・[[ポール・ジャネ]]が発案し、甥の[[心理学者]]・[[ピエール・ジャネ]]の著書<ref>Pierre Janet, L’évolution de la mémoire et de la notion du temps, A. Chahine, 1928, p.515</ref>において紹介された<ref>なお、ポールの説は時間観念に関する諸説の一つとして批判的に紹介されている。</ref>[[法則]]。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、老人年長者にはより短く評価されるという現象を[[心理学]]的に説明した。
 
簡単に言えば[[生涯]]のある時期における[[時間]]の[[心理]]的長さは年齢の[[逆数]]に[[比例]]する(年齢に反比例する)。
 
若者は(時間・年・月・日)はゆっくりと進み、1日、1週間、1ヶ月、1年が長く、それに比べて、老人になると時の流れは相当早くなっているようになる。1日、1週間、1ヶ月、1年があっという間に過ぎてしまい、月日の過ぎるのがなんと早いかと、寂しく感じさせられる。
 
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。