「暗峠」の版間の差分

m
ルートサインをInfobox内へ
(通常は記事の上部に設置。設置の是非はPJ:ROADへ。議論で解決を。Chery rohashi (会話) による ID:55533020 の版を取り消し)
m (ルートサインをInfobox内へ)
{{Infobox 峠
|名称 = 暗峠
|画像 = <table style="margin:auto">
|画像 = [[File:Kuragari.jpg|300px|暗峠の石畳。奥(東側)のガードレールがある道路は[[信貴生駒スカイライン]]。]]
<tr><td>{{Ja Route Sign|308|width=100}}</td>
<td>{{Ja Pref Route Sign|pref=大阪|number=702|width=100}}</td>
<td>{{Ja Pref Route Sign|pref=奈良|number=702|width=100}}</td></tr>
</table>
|画像 = [[Fileファイル:Kuragari.jpg|300px|暗峠の石畳。奥(東側)のガードレールがある道路は[[信貴生駒スカイライン]]。]]
|画像キャプション = 暗峠の石畳。奥(東側)のガードレールがある道路は[[信貴生駒スカイライン]]。
|標高 = 455
|所在地 = [[奈良県]][[生駒市]]・[[大阪府]][[東大阪市]]
|山系 = [[生駒山地]]
|交通路 = [[File:Japanese_National_Route_Sign_0308.svg{{Ja Route Sign|24px]]308|width=24}}[[国道308号]]<br />[[大阪府道・奈良県道702号大阪枚岡奈良線]]
}}
[[ファイル:暗峠 最大斜度地点.jpg|thumb|right|300px|峠に続く国道308号線大阪側の最急勾配37%の場所。]]
{|
|{{Ja_Route_Sign|308|align=left}}
|{{Ja_Pref_Route_Sign|align=left|pref=大阪|number=702}}
|{{Ja_Pref_Route_Sign|align=left|pref=奈良|number=702}}
|}
'''暗峠'''(くらがりとうげ)は、[[奈良県]][[生駒市]]西畑町と[[大阪府]][[東大阪市]]東豊浦町との境にある[[峠]]。古くは'''闇峠'''とも書かれた。現在は[[国道308号]]及び[[大阪府道・奈良県道702号大阪枚岡奈良線]](重複)が通る。 標高は455m。
 
[[暗越奈良街道]]の[[生駒山地]]における難所で、つづら折りの少ない直線的な急勾配が続く。特に大阪府側は、麓から峠まで約2.5kmにわたる勾配である。ハイキングコースとしても有名。
 
峠の頂上には小さな集落があり、茶店もある。また、この付近の路面は江戸時代に[[郡山藩]]により敷設された石畳となっている。国道とはいえ自動車で通行するのは困難なほど道幅は狭く、頂上付近では民家の軒先をかすめながら通行する箇所も存在する。大阪側ではきつい所で37%{{要出典|date=2014年4月}}の急勾配がS字カーブになっており、慣れないものが走行すると登りきることができず立ち往生する。ヤマハ電動アシスト自転車PAS激坂チャレンジNo.1のイントロでのきつい所の傾斜計での簡易測定では、26度 (48.7%) であった
ヤマハ電動アシスト自転車PAS激坂チャレンジNo.1のイントロでのきつい所の傾斜計での簡易測定では、26度(48.7%)であった。
 
「暗がり」の名称の起源は、樹木が鬱蒼と覆い繁り、昼間も暗い山越えの道であったことに由来している。 また、「鞍借り」、「鞍換へ」あるいは「椋ケ嶺峠」といったものが訛って「暗がり」となったとする異説もある。上方落語の枕では、「あまりに険しいので馬の鞍がひっくり返ることから、鞍返り峠と言われるようになった」と語られている。
 
{{Japan-geo-stub}}
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:くらかりとうけ}}
[[Category:大阪府の峠]]
[[Category:奈良県の峠]]