メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
| 特記事項 =
}}
'''eBay Inc.'''(イーベイ)は、[[インターネット]][[電子商取引|通信販売]]や[[インターネットオークション|オークション]]'''eBay'''手がけ展開する[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[会社]]である。インターネットオークションでは[[世界]]最多の利用者を誇る持つ
[[File:Ebayheadquarters.jpg|thumb|right|325px320px|[[サンノゼ]]のeBay本社]]
 
== 歴史 ==
[[1995年]]9月、[[カリフォルニア州]][[サンノゼ]]で[[ピエール・オミダイア]]により '''AuctionWeb '''の名称で設立され、[[1997年]]9月に現社名へ変更されている。社名はオミダイアのコンサルティング会社 '''Echo Bay Technology Group '''に由来し、'''echobay.com '''がすでに登録済みであったため縮めて '''eBay.com '''とした<ref>{{Cite web
| last = Mullen
| first = Amy
| publisher = Academy of Achievement
| lanugage = 英語
|accessdate=2007年9月8日 }}</ref>。1998年9月には [[NASDAQ]] に[[株式公開|株式を公開]]した。
 
[[日本]]へは、[[1999年]]10月に日本法人「イーベイジャパン」設立、[[日本電気]](NEC)と組んで[[2000年]]、[[日本]]市場をカバーすべく日本語オンラインオークションサイトとして進出したが<ref>[http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2000/0217/ebayj.htm イーベイジャパンがNECと組んでいよいよ始動] INTERNET Watch 2000年[[2月17日]]</ref>、先行していた[[Yahoo! JAPAN]]の[[Yahoo!オークション]](ヤフオク)に太刀打ちできず、会員が集まらなかったこともあって2002年[[3月31日]]に撤退した<ref>[http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/0227/ebayj.htm イーベイジャパン、3月末をもって日本での営業活動を終了] INTERNET Watch 2002年[[2月27日]]</ref>。この直後、ライバルであったYahoo!ヤフションは出品料、落札システム利用料を導入した。
== 世界展開 ==
=== 日本への進出 ===
[[日本]]へは、[[1999年]]10月に日本法人「イーベイジャパン」設立、[[日本電気]]と組んで[[2000年]]にオンラインオークションサイトとして進出したが<ref>[http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2000/0217/ebayj.htm イーベイジャパンがNECと組んでいよいよ始動] INTERNET Watch 2000年[[2月17日]]</ref>、先行していた[[Yahoo!オークション]]に太刀打ちできず、会員が集まらなかったこともあって2002年[[3月31日]]に撤退した<ref>[http://www.watch.impress.co.jp/internet/www/article/2002/0227/ebayj.htm イーベイジャパン、3月末をもって日本での営業活動を終了] INTERNET Watch 2002年[[2月27日]]</ref>。この直後、ライバルであったYahoo!オークションは出品料、落札システム利用料を導入した。
 
その5年後の[[2007年]]12月、過去のライバルであった[[Yahoo!ヤフション]]との提携を発表。eBayに出品されている商品を日本から購入できる購買代行サイト[[セカイモン]]を立ち上げた。<ref>[http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/12/04/17731.html ヤフーとeBayが業務提携、オークション市場創出目指す] INTERNET Watch 2007年[[12月4日]]</ref>
<ref>[http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/12/04/17738.html ヤフオクで「eBayの商品がいきなり揃う」井上社長が提携の魅力を説明] INTERNET Watch 2007年[[12月4日]]</ref>
 
[[2007年]]6月時点、eBayは世界28ヶ国に拠点を広げ、正規登録者数2億3,000万人、出品点数10数億点の地球規模の[[インターネット]]オークションサイトに拡大。2007年[[PayPal]]の日本語サイトやeBayの日本語ポータルサイトが登場した。<ref>[http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20352972,00.htm eBayの日本語のポータルサイト開設] CNET Japan 2007年[[7月18日]]</ref>。
2009年よりイーベイ・ジャパン株式会社はセラー支援(アメリカ米国イギリス英国、オーストラリアなどにある市場向けのeBayマーケットプレイスへの出店企業の拡大)を行っている。
 
2009年には年間取引額が5兆2000億円になり、元々オークションサイトとしてスタートしたeBayだが、る。月額費用を支払うことでeBayサイト内に「ストア」を構えて、商品ページの加工カスタマイズ許可するなど、セラー(販売者)側への販売支援に力を入れはじめた。
 
日本からよく出品されているカテゴリーとして「中古ブランド品」「時計」「衣類」「アクセサリー」「カメラ」「一眼レフレンズ」など。
 
=== Gmarketとの提携 ===
米eBayと、[[Gmarket]]の創業者であるグ・ヨウンベは、2010年5月、2000万ドルを49対51の比率で合弁会社を設立した<ref>[http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100507_365736.html 米eBay、日本版「Gmarket」強化のためジョイントベンチャー設立] INTERNET Watch、2010年5月7日(2010-8-17閲覧)</ref>。新規法人、Giosis Gmarketは当面、日本・シンガポールで電子商取引を展開、将来的には他のアジア地域への展開も展望に入れている。
 
[[File:Ebayheadquarters.jpg|thumb|right|325px|[[サンノゼ]]の本社]]
 
== 日本人向けサポート ==
2009年よりイーベイ・ジャパン株式会社はセラー支援(アメリカ、イギリス、オーストラリアなどにあるeBayマーケットプレイスへの出店企業の拡大)を行っている。
 
== 出典 ==
 
== 関連項目 ==
* [[セカイモン]] - eBay公認の日本向けサイトを展開
* [[メグ・ホイットマン]] - 1998年3月に社長に就任。わずか10年間で世界最大規模のインターネット・オークション会社へと成長させた。現在は[[ヒューレット・パッカード]]のCEO。
*[[Zazzle]]
*[[Amazon.com]]
*[[グルーポン]]
 
== 外部リンク ==
* [http://www.ebay.co.jpcom/ eBay Japan セラーポータルサイト]
* [http://www.sekaimon.com/ セカイモン]
 
{{ナスダック100指数}}
匿名利用者