メインメニューを開く

差分

氏重の系譜は不明であるが、『[[寛政重修諸家譜]]』に拠れば当主・[[浅野長政]]の養父にあたる[[浅野長勝]]の子[[浅野氏次|氏次]](善左衛門)の子とされる。「浅野幸長御家中帳」『[[寛永諸家系図伝]]』に拠れば氏重は2万石を知行し、浅野家中では[[浅野忠吉]]と並ぶ高い地位にあったという。
 
浅野氏は[[文禄]]2年([[1593年]])8月29日に[[甲斐国]]主[[加藤光泰]]の死後、同年11月20日甲斐国へ入部するが、氏重はこの間の国主不在期間に入国し支配の引継ぎを行い、[[都留郡]]において発給文書を残している。浅野氏は甲斐支配において[[九筋二領]]の地域区分に基づいた統治を行い、九筋地域には筋奉行を配置し、郡内領・河内領については氏重・[[浅野忠吉|忠吉]]の一門を配置して代官支配を行った。甲斐東部の都留郡は戦国期に[[武田氏]]家臣の[[小山田氏]]が領した領域で、武田氏滅亡後は関東の[[徳川家康]]の領国に接する地域として重要視され、加藤氏時代にも一門・家老級の人物が支配を担当している。浅野氏時代には甲斐・都留郡の支配が本格化され、氏重は都留郡支配の拠点として[[勝山城 (甲斐国都留郡)|勝山城]](都留市川棚)を改築したと考えられている。なお、氏重は郡内において[[北口本宮冨士浅間神社]]の西宮本殿を造営している。
 
[[慶長]]5年([[1600年]])当主・長政の家督を継いだ[[浅野幸長]]が[[関ヶ原の戦い]]の功により[[紀伊国]]へ加増転封されると、氏重もこれに従って[[田辺市|田辺]]3万石に入部。慶長11年([[1606年]])に[[田辺城 (紀伊国)|湊城]]を築いて筆頭家老の任についた。
15,505

回編集