「真ゲッターロボ 世界最後の日」の版間の差分

; 流 竜馬(ながれ りょうま)
: 声 - [[石川英郎]]
: 早乙女博士殺害事件の犯人として投獄されていたA級囚人。死んだ筈の早乙女が生き返って反乱を起こした際、早乙女を抹殺することを条件に仮釈放され戦場に舞い戻った。義侠心は強いものの理屈より感情を優先させることが多く、インベーダー血を上らせ対しては暴走する非情で中に人間取り込まれていると知っていても容赦しない。ゲッターチーム最強の男として抜群の戦闘技術を誇り、旧型扱いされていたゲッター1を一人で操縦しゲッターロボGの大群を圧倒するほどの腕前を持つ。戦略的な頭脳やメカに関する高い知識も持ち合わせおり、咄嗟の機転でゲッター炉心のメルトダウンを利用したり、月に放棄されていたゲッターロボを自らの手で改修してブラックゲッターとした。インベーダーに対しては非情で中に人間、ガニメデの大きさ取り込まれてい月以上であ知っていたりと意外に容赦しないキレ者。重量子爆弾崩壊に巻き込まれ行方不明となっていたが、次元と空間を超え月に放棄されたゲッターロボのコクピットで目を覚ます。13年後、かつて消息を絶ったときと変わらない姿で弁慶たちの前に姿を現した。ガイからは「伝説の男」と称される。当初は自分を罪に落とした早乙女と隼人への復讐に駆られるが、事情を知るにつれ隼人への疑惑と復讐心は薄らぎ、13年後の世界で和解した。ゴウが意識不明になった後は真ゲッターを操縦。木星決戦の末、隼人と弁慶と共に新たなる戦いに赴いた。ゲッター1、ブラックゲッター、真ゲッター1を操縦。本作での服装は[[石川賢 (漫画家)|石川賢]]原作の漫画『[[魔獣戦線]]』の主人公、来留間慎一に酷似している。
; 神 隼人(じん はやと)
: 声 - [[内田直哉]]
匿名利用者