「内村直也」の版間の差分

編集の要約なし
'''内村 直也'''(うちむら なおや、[[1909年]][[8月15日]] - [[1989年]][[7月27日]])は、劇作家。本名:菅原実(すがわら みのる)。東京生まれ。実業家・劇作家の[[菅原卓]]は兄である。
 
[[慶應義塾大学]]経済学部卒。[[岸田國士]]に師事し、雑誌『[[劇作]]』同人となり、1935年に処女作「秋水嶺」を発表、[[築地座]]で上演された。戦後の作品として『雑木林』(1948年)、「遠い凱歌」(1956年)などがある。[[日本放送協会|NHK]]の連続[[ラジオドラマ|ラジオ劇]]「えり子とともに」(1948年 - 1951年)で広く知られた。また、日本の民間放送で初の[[テレビドラマ]]となった「私は約束を守った」([[日本テレビ放送網|日本テレビ]]、1953年)や、「追跡」(NHK、1955年)をはじめ、初期のテレビドラマでも多く作品を発表した。そのほか西洋戯曲の翻訳、編纂、放送劇方法論、話し言葉論、少女小説など多方面に活躍し、戦後新劇界の一方の重鎮だった。[[歌手]][[高美アリサ]]の名付け親でもある。
 
==著書==
130

回編集