「飛行隊 (満州国軍)」の版間の差分

m
曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(操縦士パイロット (航空)
m (曖昧さ回避ページへのリンクを付け替え(操縦士パイロット (航空)))
1937年([[康徳]]4年)2月、満州国軍内に飛行隊が発足した。基地は[[新京]]の[[満州航空]]の飛行場を共同使用する形で設けられ、主な配備機種としては[[九七式戦闘機]]、[[一式戦闘機]]などがあった。その後、奉天やハルビンにも飛行隊が相次いで設置された。1940年(康徳7年)には、独自の司令部が設けられた。
 
1940年(康徳7年)に、[[航空機]][[パイロット (航空)|操縦士]]を養成する「陸軍飛行学校」が開校した。「陸軍」を冠しているが、軍人だけでなく、満州航空の乗組員や飛行家など民間人の操縦要員も教育していた。
 
[[太平洋戦争]]末期には「蘭花特別攻撃隊」という[[特別攻撃隊]]が編成され、[[B-29_(航空機)|B-29]]に向けて体当たり攻撃を行った。