「重粒子線がん治療」の版間の差分

編集の要約なし
{{画像提供依頼|作用の模式図|装置の画像(加速器、照射装置の2種)|date=2012年10月}}
{{出典の明記|date=2011年1月}}
'''重粒子線がん治療'''(じゅうりゅうしせんがんちりょう、'''heavy ion radiotherapy''')とは、[[がん]]病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常[[細胞]]へのダメージを最小限に抑えることが可能とされる[[放射線]]を用いた最先端の[[治療]]法。
 
[[外科手術]]および[[化学療法]]に対する[[放射線療法]]の長所である機能と形態の欠損や治療中の身体的負担が少ないことに加え、従来からの放射線治療である[[エックス線]]、[[ガンマ線]]や[[陽子線]]に比べ、体の表面では[[放射線量]]が弱く、がん病巣において[[放射線量]]がピークになる特性を有しているため、照射回数と[[副作用]]をさらに少なく、治療期間をより短くすることが可能とされる。
 
[[独立行政法人]][[放射線医学総合研究所]]では、巨額の[[国費]]を投入して[[HIMAC]]と呼ばれる専用装置を世界で初めて開発し、治療[[臨床試験]]を[[1994年]]6月から行っているものの。[[2003年]]11月からは[[先進医療]]として運用されているが、治療を希望する患者に対する受入れ能力の制限や高額な患者負担などが本格的な普及に向けての大きなハードルとなっている。
 
== 適用 ==
** [[中枢神経腫瘍]]
** [[頭蓋底・傍頸髄腫瘍]]
** [[頭頸部癌]]
** 頭頸部[[粘膜悪性黒色腫]]
** [[非小細胞肺癌]]
** [[転移性肺腫瘍]]
** [[肝細胞癌]]
** [[前立腺癌]]
** [[子宮癌]]
** [[膵癌]]
** [[骨軟部腫瘍]]([[肉腫]])
** [[直腸癌術後再発]]
** [[脈絡膜悪性黒色腫]]
== 治療患者数 ==
放射線医学総合研究所が治療開始した1994年から、2010年7月までの統計で見た登録患者数は5497名となっており、これは世界一となっている<ref>{{cite web|url=http://www.nirs.go.jp/hospital/result/pdf/201007.pdf|title=放医研における重粒子線治療の登録患者数1994年6月~2010年7月|author=独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院|accessdate=2011年1月13日}}</ref>。
 
== 出典 ==
* [http://www.nirs.go.jp/index.html 独立行政法人放射線医学総合研究所]
 
== 関連項目 ==
**[[メディポリス医学研究財団|メディポリスがん粒子線治療研究センター]]
 
== 脚注出典 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://www.nirs.go.jp/index.html 独立行政法人放射線医学総合研究所]
* [http://www.nirs.go.jp/hospital/index.shtml 独立行政法人放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター病院]
* [http://heavy-ion.showa.gunma-u.ac.jp/ 群馬大学重粒子線医学研究センター]
419

回編集