「日本語の方言」の版間の差分

m
(出典付与)
 
=== 音韻・音声 ===
発音の特徴によって本土方言を大きく区分すると、表日本方言、[[裏日本方言]]、薩隅(鹿児島)式方言に分けることができる<ref>金田一春彦「音韻」</ref>。表日本方言は共通語に近い音韻体系を持つ。裏日本式の音韻体系は、東北地方を中心に、北海道沿岸部や新潟県越後北部、関東北東部(茨城県・栃木県)と、とんで島根県出雲地方を中心とした地域に分布する。その特徴は、イ段とウ段の母音が[[中舌母音]]となること、エが狭くイに近いことである。関東のうち千葉県や埼玉県東部などと、越後中部・佐渡・富山県・石川県能登の方言は裏日本式と表日本式の中間である。また薩隅式方言は、大量の母音脱落により[[閉音節]]を多く持っている点で他方言と対立している。[[薩隅方言]]以外の九州の方言は、薩隅式と表日本式の中間である。
 
またこれとは別に、近畿・四国(・北陸)とそれ以外での対立がある。前者は[[京阪式アクセント]]の地域であるが、この地域ではアクセント以外にも、「木」を「きい」、「目」を「めえ」のように一音節語を伸ばして二拍に発音し、また「赤い」→「あけー」のような連母音の融合が起こらないという共通点がある。また、西日本(九州・山陰・北陸除く)は[[母音]]を強く[[子音]]を弱く発音し、東日本や九州は子音を強く母音を弱く発音する傾向がある。
874

回編集