「日本語の方言」の版間の差分

出典付与
(出典付与)
方言の地域区分を「[[方言区画論|'''方言区画''']]」と言う。日本語の方言区画は、まず本土方言と[[琉球方言]]に分けられる。方言区画は、学者によって異なり、下の分類は[[東条操]]の区画案に基づいている。この案では、本土方言は[[東日本方言]]([[北海道]]から[[岐阜県|岐阜]]・[[愛知県|愛知]]まで)と[[西日本方言]]([[北陸地方|北陸]]から[[中国地方|中国]]・[[四国]]まで)と[[九州方言]]の3つに分けられた<ref name="iwabakouza11">『岩波講座 日本語11方言』 57-73頁。</ref>。
 
東条の目指した方言区画は、方言全体の体系の違いを基準に、日本語が内部でどう分裂し各方言がどういう相互関係を持っているかを示すものだった。しかし、地域間を移動すれば方言が次第に変化し、明確な境界線が引けないということもありうる。個々の項目、たとえば「元気だ」と言うか「元気じゃ」と言うか、あるいは「せ」を「しぇ」と発音するかしないかなどには確かに境界があるが、それぞれがバラバラの境界線([[等語線]])を持っているため、これらを一つにまとめて方言境界を定めることは簡単ではない。そこで方言区画では、一つ一つの単語の違いよりも、文法や音韻、アクセントの体系的な違いが重視される。特にアクセントは、それ自体が体系を成している。東条が東日本方言と西日本方言の境界を愛知・岐阜と三重・滋賀の間に引いたり、中国方言と四国方言を分けたりしたことには、アクセントの違いが反映していると言われている([[徳川宗賢]]による)<ref>大野・柴田編(1977) 344-345頁。</ref>。
 
しかし東条の区画は、どういう手続きでその結論に達したか、具体的には示されていない。一方で[[都竹通年雄]]や[[奥村三雄]]は、母音・子音の性質や断定の助動詞、命令形語尾の違いなど、区画に用いる指標を何項目か示したうえで、それらを重ね合わせて境界を決める方法を取った。結果として、都竹案では岐阜・愛知方言は西日本方言に含められ、東関東方言は南奥羽方言の中に入れられた<ref name="iwabakouza11"/>。奥村は、本土方言を東西の2つに分け、さらに東日本方言を[[東北地方|東北]]・[[関東地方|関東]]北東部・[[新潟県]]北東部と関東大部分・東海東山(岐阜・愛知含む)とに、西日本方言を北陸から九州北東部までと九州中南部とに分けた<ref>奥村三雄「方言の区画」</ref>。加藤正信は、関東方言と東北方言の境界などに関して、東条案では行政区画や地理的区分をある程度重視しているのに対し、都竹案では行政・地理的区分から解放されていると評価している<ref>大野・柴田編(1977) 62-67頁。</ref>。
: 草枕旅の丸(まる)寝の紐絶えば吾(あ)が手と付け<u>ろ</u>これの針(は<u>る</u>)持<u>し</u>
:: (草を枕の丸寝をして紐が切れたらこの針で自分の手でお付けなさい)(武蔵の防人の妻、4420番)
万葉集に載せられたこれらの歌が、当時の方言を純粋に反映したものかどうかは明らかでないが、上代東国方言を今に伝えるものとして資料的価値が高い。これらの歌には、中央語との間に次のような違いが見られる<ref name="徳川1977">徳川宗賢「東西のことば争い」『日本語講座 -第6巻 日本語の歴史』</ref>(上記4首の下線部分にもある。なお、万葉集などの上代の文献ではイ列・エ列・オ列音の一部に甲乙の書き分けが見られ、なんらかの発音の区別があったとみられる。詳しくは[[上代特殊仮名遣]]を参照)。
# チがシになる。
# イ列音がウ列音になる。
# エ列乙類音がエ列甲類音になる。
# オ列乙類音とイ列音、エ列乙類音が混同される(ただし長野県・静岡県に見られる)
# 「なふ」という打ち消しの助動詞を使う。活用は未然形「なは」、連体形「なへ・のへ」、已然形「なへ」で、連用形・命令形を欠く<ref name="馬瀬1977"/>。(例)「あはなふよ」(逢わないよ・3375)、「あはなはば」(逢わないならば・3426)、「あはなへば」(逢わないので・3524)。
# 一段型動詞の命令形語尾に「ろ」を用いる。(例)「ねろ」(寝よ・3499)、「せろ」(せよ・3465・3517)。
# 四段・ラ変活用動詞の連体形語尾がオ列甲類音になる。(例)「ゆこさき」(行く先・4385)
# 形容詞の連体形語尾が「き」ではなく「け」になる。(例)「ながけこのよ」(長きこの夜・4394)
# 推量に「なむ・なも」を用いる。
1〜10のほとんどは足柄峠以東の関東・東北南部の歌に見られ、長野県・静岡県では方言色は薄い<ref name="馬瀬1977"/>。このうち音韻的な特徴については、上代特殊仮名遣いの甲乙の混同が中央語よりも早く進んでいたものと見られ、エ列の甲類と乙類の区別はすでになくなっている<ref name="馬瀬1977">馬瀬良雄「東西両方言の対立」『岩波講座 日本語11方言』</ref>。1については、当時中央で[ti]と発音したチを、東国方言では[ʧi]または[tsi]と発音していたことを表していると見られる<ref name="馬瀬1977"/>。2が現代のズーズー弁に直接つながるものかどうかについては明らかでない<ref>『日本語講座 -第6巻 日本語の歴史』 254頁<name="徳川1977"/ref>。3のア列に接続する「り」は、八丈島の過去表現「書から」にその名残がある<ref name="馬瀬1977"/>
 
文法的特徴のうち、7は現代東日本方言にそのままつながるもので、命令形の「-よ」と「-ろ」の対立は奈良時代にまでさかのぼることになる。ただし、命令形「-ろ」は現代の九州北西部にもある形で、これについては方言周圏論を適用して奈良時代よりも前に中央で「ろ」から「よ」への変化があったとする説が提出されている<ref>『概説日本語の歴史』 248頁。</ref>。また、6については現代の東日本方言の「ない」に通じるものの可能性があるが、定かではない。一方、8・9・10は[[八丈島]]・[[青ヶ島]]などごく限られた地域に残るのみで<ref name="馬瀬1977"/>、東日本方言のほとんどで平安時代以降に中央語からの同化作用を受けたことになる。現代の東日本方言・西日本方言の違いのうち、断定の助動詞「だ」対「じゃ・や」、動詞・形容詞で起こる音便の違いは、万葉集よりも後の時代に現れたもので、平安時代以降の畿内方言から分岐したものである。
 
=== 中古・中世 ===
戦国時代以降には、各地の方言を記録した書物が現れるようになった。この頃には「京へ筑紫に坂東さ」ということわざがあり、当時、中央と九州と東国の3つの方言圏が意識されていたことを物語る。特にキリシタンの宣教師[[ジョアン・ロドリゲス]]の著した『日本大文典』(1604年)では、各地の方言の特徴が詳述されている。日本大文典では東国の方言について、
: 「三河から日本の涯にいたるまでの東の地方では、一般に物言ひが荒く、鋭くて、多くの音節を呑み込んで発音しない」
とあり、これは当時も東日本では子音を強く発音し母音の無声化が盛んだったことを表現したものと解釈されている<ref>『岩波講座 日本語11方言』 263頁<name="馬瀬1977"/ref>。さらに、日本大文典では関東方言について、次の8点を挙げている。
# 未来を表すのに「べい」を用いる。例えば「参り申すべい」「上ぐべい」など。
# 打ち消しの「ぬ」の代わりに「ない」を用いる。例えば「上げない」「読まない」など。