「平岩元重」の版間の差分

m
 
== 概要 ==
平岩元重は[[尾張国|尾張]][[清洲城]]では[[留守居役]]を勤める。その以前、三河在住時代に[[日近合戦|日近城の戦い]]、[[藤波畷の戦い]]、[[三方ヶ原の戦い]]、[[長篠の戦い#鳶ヶ巣山攻防戦|鳶ヶ巣山の戦い]]などの[[徳川氏]]の主要な戦いに参加し、数多くの戦功をあげた。しかし、[[天正]]18年([[1590年]])8月朔日、[[徳川家康]]の関東入りに際しては[[三河国]]の自領に残留を主張して家康の勘気を受け[[改易]]となるがったため、後に勘気は解かれ家康四男松平忠吉に付属されて再仕官したものの、[[知行]]150石清洲城留守居役に終わり<ref>下記参考文献の1、「慶長十二年、松平忠吉家中分限帳」 133頁。</ref>、家康の近従出身で[[犬山城]]主12万3千石の大名格にまで昇った同族の[[平岩親吉]]とは対照的な処遇となった。
 
== 生涯 ==