「奥田敏輝」の版間の差分

m
[[大阪府立桜塚高等学校]]時代は2年秋からエースで主将となり、3年夏の大阪大会6試合完封・58.1イニング連続無失点を記録し、大阪大会決勝まで進んだ(決勝は0-4で[[関西大学北陽高等学校|北陽高校]]に敗れる)<ref name=jinmei />。[[1966年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|1966年の一次ドラフト]]5位で[[阪神タイガース]]に入団<ref name=jinmei />。[[スリークォーター]]から決めダマの[[シンカー・スクリューボール|シンカー]]と[[カーブ (球種)|カーブ]]を使うピッチングが持味。{{by|1969年}}には2軍で15勝を挙げ、最多勝を獲得するが、一軍では結果を残せず、{{by|1972年}}をもって退団<ref name=jinmei />。[[サラリーマン]]生活を経て、[[水道]]関連の会社を興す<ref name=jinmei />。
 
大阪府立桜塚高等学校時代の[[1966年]]夏に[[全国高等学校野球選手権大会]]大阪府予選の準決勝を投げ合った[[大阪学院大学高等学校|大阪学院高校]]の[[江夏豊]]とは友人関係で、[[1996年]]には、その準決勝の30周年記念として桜塚高校対大阪学院高校の再対決を実現させた<ref name=jinmei />。
 
==詳細情報==
匿名利用者