「ピエール・ロラン (政治家)」の版間の差分

m
党の財政も厳しくなり、党組織も風前の灯火となる中、党再生の期待を背負ってローランが全国書記に就任したのである。
 
ローランが全国書記に就任して以降共産党は徐々に息を吹き返しており、共産党と政党連合「左翼戦線」を組んだ[[左翼党 (フランス)|左翼党]]の候補である[[ジャンリュック=メランション]]の[[2012年フランス大統領選挙|2012年の大統領選]]での得票は、[[1981年フランス大統領選挙|1981年の大統領選]]以来の10%を超えた<ref>[http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2012042300012 社会党オランド氏が首位=現職サルコジ氏と決選へ-仏大統領選第1回投票]時事通信 2012年4月23日</ref>。
 
== 脚注 ==