「日本語の方言」の版間の差分

m
合拗音「くわ」「ぐわ」は共通語では「か」「が」との区別がなくなっているが、これらをkwa、gwaと発音して歴史的仮名づかい通りに区別する地域が東北日本海側や九州など各地に残っている。
 
共通語では「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」の区別がないが、かつての中央語では区別していた。現在の方言でも、山梨県[[奈良田]]・[[紀伊半島]]南部・高知県・九州地方には区別する地域がある。例えば高知県では「富士(ふじ)」を{{IPA|ɸuʒi}}、「藤(ふぢ)」を{{IPA|ɸu ̃di}}~{{IPA|ɸu ̃dʒi}}、「葛(くず)」を[kuzu]、「屑(くづ)」を{{IPA|ku ̃du}}~{{IPA|ku ̃d{{sup|z}}u}}と発音する<ref name="平山1998"/><ref name="佐藤2002"/>。これらの清音についても、高知県ではチを{{IPA|ti}}、ツを{{IPA|tu}}と発音し、九州ではツを{{IPA|tu}}と発音する傾向があり、古い日本語の音を残している<ref name="佐藤2002"/>(詳しくは[[四つ仮名]]参照)。ただしこの発音特性に基層言語影響を指摘する説もある<ref>[[小泉保]]『縄文語の発見』青土社、1998年</ref>。
 
このほか、戦前には九州全域で語頭のエをイェと発音していた<ref name="講座方言学九州概説">上村孝二「九州方言の概説」『講座方言学 9 九州地方の方言』。</ref>。
874

回編集