「知ってるつもり?!」の版間の差分

編集の要約なし
12年半にわたって放送されていた教養番組で、毎回歴史上の人物を取り上げて紹介していた。大半がその人物の生涯を振り返るものだったが、中には番組放送当時にも現役で活躍している人物を取り上げることもあった。[[杉原千畝]]や[[マルセル・ジュノー]]、[[中村久子]]など、当時は一般にはあまり知られていなかった人物の功績や活躍を取り上げることもあった。取り上げる内容については、一般的に認知されている事柄以外の意外な一面にスポットを当てるようにしていた。意外性の少ない人物についてはやや強引な構成となることもあったが、ありきたりの伝記番組には収まらないような工夫が垣間見られた。
 
タイトルの「[[?!]]」は、通常の「[[!?]]」とは逆の表記になっている。これは「聞いて、驚く」という順序を表している<ref>知ってるつもり?!、3月末で終了 先人の生き方探って584回 関口宏に聞く - [[読売新聞]] [[読売新聞東京本社|東京本社]]版夕刊 2002年3月13日</ref>。またごく初期のころは[[エンターテインメント]]型情報番組という位置づけで、「[[巨泉のこんなモノいらない!?]]」から引き続いて「"THAT'S INFOR-TAINMENT" (ザッツ・インフォーテインメント)」のサブタイトルを冠としていた。
 
== 番組の歴史 ==
番組開始から1998年頃までは、日本テレビスタジオ(主に[[ドラマ]]収録を行う[[生田スタジオ]])での公開収録の形式だった。しかし、水野真紀が3代目アシスタントになった1999年頃からはスタジオ収録が減り、ロケーション場所での収録(観衆非公開)が多くなっていった。
 
[[伝記]]VTRも、初期には死への過程までが再現で生々しく紹介されていた。
 
== 出演者 ==