「非メバロン酸経路」の版間の差分

非メバロン酸経路はIPPとDMAPPの*両方*を生合成するため修正/別名を追加
(非メバロン酸経路はIPPとDMAPPの*両方*を生合成するため修正/別名を追加)
'''非メバロン酸経路'''(ひメバロンさんけいろ、{{lang-en-short|non-mevalonate pathway}})または、'''2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸/1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸経路'''('''MEP/DOXP経路''')は、[[イソプレノイド]]の生合成経路であり、主に[[イソペンテニル二リン酸]](IPP)と[[ジメチルアリル二リン酸]](DMAPP)のどちらかを形成する[[代謝生合成]]経路である<ref>{{cite journal |author=Rohmer M |title=The discovery of a mevalonate-independent pathway for isoprenoid biosynthesis in bacteria, algae and higher plants |journal=Nat. Prod. Rep. |volume=16 |issue= 5|pages=565–574 |year=1999 |pmid=10584331 |doi=10.1039/a709175c |last2=Rohmer |first2=Michel}}</ref>。近年、非メバロン酸経路が発見されるまでは、IPPは全て[[メバロン酸経路]]で生合成されると考えられていた
 
代謝中間体として2-C-メチル-D-エリトリトール-4-リン酸(MEP)および1-デオキシ-D-キシルロース-5-リン酸(DXPまたはDOXP)を生合成することから、'''MEP経路'''、'''DXP経路'''、'''DOXP経路'''、'''MEP/DOXP経路'''とも呼ばれる。多くの[[細菌]]や[[植物]]の[[葉緑体]]は非メバロン酸経路によりIPPとDMAPPを生合成する。一方で[[真核生物]]や植物の[[細胞質]]などは非メバロン酸経路ではなく[[メバロン酸経路]]によってIPPが生合成される。
 
== イソプレノイド生合成経路の相違点 ==
10

回編集