「クラス (集合論)」の版間の差分

超実数(hyperreal)を超現実数(surreal number)に修正
(超実数(hyperreal)を超現実数(surreal number)に修正)
与えられた型の代数的対象全ての集まりは、たいてい真のクラスをなす。例えば、全ての[[群 (数学)|群]]からなるクラス、全ての[[ベクトル空間]]からなるクラス、など。圏論では、対象の集まりが真クラスをなすもの(または射の集まりが真クラスをなすもの)を[[大きい圏]]という。
 
[[実数]] ([[:en:Surreal number]]) 全体は、[[体 (数学)|体]]の公理を満たす対象による真クラスである。
 
集合論では、集合の集まりの多くは真クラスになってしまう。例えば、全ての集合からなるクラス、全ての順序数からなるクラス、全ての基数からなるクラスなど。
52

回編集