メインメニューを開く

差分

Lichenes (会話) による ID:55692998 の版を取り消し
 
== 学説 ==
平野は、師の[[小野清一郎]]が後期旧派の立場に立っていたことから、[[ドイツ]]の刑法学者[[ハンス・ヴェルツェル]]の人的不法論を日本に紹介し、[[故意]]を主観的違法要素とする[[行為無価値]]論に賛成したこともあるが<ref>平野龍一「故意について」(法学協会雑誌67巻3号34頁、1949年)</ref>、後に改説して小野の学説を承継した[[団藤重光]]を徹底的に批判した。
 
平野の[[刑法学]]説の特徴は、刑法だけを考察の対象とし、そもそも犯罪の本質とは?という哲学的で抽象的な観念論から出発し、形式的な法違反を重視して、その違反者の道義的責任を問うという後期旧派の道義的応報刑論に対し、刑法のみならず民法その他の法律と同様に、刑法を社会統制の一手段とみて、[[刑事政策]]や他の隣接諸科学の成果を踏まえ、刑法の任務を実質的・機能的に考察するものといえる<ref>上掲『刑法総論I』のはしがき</ref>。
* 『刑事訴訟法』([[有斐閣]]、1958年)
* 『矯正保護法』(有斐閣[[法律学全集]]、1963年)
* 『犯罪者処遇法の諸問題』有斐閣,1963年)
* 『犯罪論の諸問題上下巻』(有斐閣、1963年)
* 『刑事訴訟法の基礎理論』([[日本評論社]]、1964年)
:『刑法の機能的考察』1984 第1巻
:『刑事法研究 最終巻』2005
*『東大の内と外』東京大学出版会,1986年)
*『精神医療と法 新しい精神保健法について』有斐閣,1988年)
===共編著===
*『自動車事故をめぐる紛争処理と法』[[川島武宜]]共編著 岩波書店,1978
*『刑法各論 判例教材』編 東京大学出版会,1980
*『中国の刑法と刑事訴訟法』[[浅井敦]]共編 東京大学出版会,1982
*『小野先生と刑事判例研究会』編.有斐閣,1988
*『新実例刑事訴訟法』1-3、松尾浩也共編 青林書院、1998
===翻訳===
*エドウィン・H.サザランド『刑事学原論』[[団藤重光]],[[高田卓爾]],福田平共訳.朝倉書店,1950
*E.H.サザーランド『ホワイト・カラーの犯罪 独占資本と犯罪』[[井口浩二]]共訳.岩波書店,1955
*ロイド・W.マッコークル,アルバート・エリヤス,F.ロベル・ビックスビー『ハイフイールズストーリー 非行少年処遇の新しい実験』[[樋口幸吉]]共訳.一粒社,1959
*サザーランド、クレッシー『刑事学原論』[[所一彦]]共訳 有信堂,1962-64
*J.H.ウィグモア『証拠法入門』[[森岡茂]]共訳 東京大学出版会,1964
===記念論集===
*『平野竜一先生古稀祝賀論文集』上下 内藤謙ほか編.有斐閣,1990-91
 
== 門下生 ==
* [[松尾浩也]]
* [[三井誠]]
* [[堀内捷三]]
* [[町野朔]]
* [[西田典之]]
* [[前田雅英]]
* [[林幹人]]
* [[山口厚]]
* [[佐伯仁志]]
* [[芝原邦爾]]
* [[岩井宜子]] - 専修大学名誉教授
 
== 脚注 ==
匿名利用者