「アラビア文字記数法」の版間の差分

m
定義
(アラビア文字を使った伝統的な記数法)
 
m (定義)
'''アラビア文字記数法'''(アラビアもじきすうほう)とは、[[アラビア文字]]を使って数を表現する方法をいう。
 
アラビア文字の各文字に数価を割りあて、その組み合わせで数を表現する伝統的な方法である。現在のアラビア文字圏では算用数字と同系の[[インド数字]]を原則として使うが、アラビア文字記数法は現在も箇条書きの番号やページ番号に使われることがある<ref>Bauer (1996) p.562</ref>。
 
[[ヘブライ数字]]などと同様の記数法であり、究極的には[[ギリシアの数字|ギリシアのイオニア式記数法]]にさかのぼる。